オリジナル

【ネット小説】第二回目: The fable〜title”アベライーデ・ベゴン・ティアマウーテッフェ”

更新日:

蝙蝠

その名は"The Winged-Eye-Worm”「翼の生えた眼の虫」と呼ぶ。そいつが夜の大気の中をゆっくりと飛びながら、死後硬直した私の顔の前に蝙蝠さながら止まった。

こいつは今後私の眼の代わりを勤めるであろう。まずその視覚器官;瞳が縦長の鰐か蛇みたいな爬虫類の眼球が一個、ミミズの胴体の端っこにくっ付いている。その後ろから両耳のように、2枚の小さな翼が生えている。

後ろから翼と眼球の結合部を眺めればたぶん、ビーフジャーキーの塊に見えたかもしれない。そいつはこう言った(古代のテレパシーだ)「昨日という日は昨日となった時大きな塊となるのだ。

太陽なる天体が沈むと、お前は”昨日”の中に入る。”今日”はすでに去った。そして無数の”昨日”の幻がお前を楽しませ、かつ苦しめるだろう」

私は死後硬直していたが意識はあった。「これはどういう意味だろう」私は思った「エドガー・アラン・ポーの部屋の戸口を叩いた大鴉とはまた違った客よ。

行け、飛べ「昨日」へと。お前が何を見たのか。また、何が見えるのか。どうか語ってくれ。」

昨日

「おおこのクソッタレ」”The Winged-Eye-Worm”が答えた「なぜ電柱の隅に立ち小便するのか。この外道。そんなことしていいと思ってるのか?

お前が昨晩行き慣れないバーで酒を少し呑みながら、ザ・ドアーズの”ハートに火をつけて”に聞き惚れていたことは百も承知だ。

お前がひどくご執心だった牝犬がついにお前に股を開こうとしなかったのには理由があるんだ。そんなこともわからんのか?

お前はお前の理想の女を求めていた。しかし彼女はそうでなかった、それだけさ。それだけのことなんだ。」

私はその声を聞き怒りで一杯になった。しかし身体のどの部分も動かすことができなかった。ただ考えることだけはできた。

「では私は思い出の中に理想の女を探すことしかできないのか」そうひとりごちた「去っていった牝犬どもは全部姿だけは可愛らしい本性は悪魔だったのであるか。」

吸血鬼

「いかに甘い思い出を彼女らが与えるとしても」”The Winged-Eye-Worm”は答えた「彼女たちは吸血鬼である。なぜなら彼女たちは男の血を吸うだけで養うことはないからだ。」

私は非常に腹が立ったが、拳銃は取らなかった。その代わりメリケン・サックとステンレス製ナイフが一体になった凶器をとあるカジュアル用品店で仕入れた。

「こいつでもって」私は思い巡らした「どこそこの間抜けの頭蓋骨を一丁砕いてやれれば幸運なんだが。しかし獲物が見つかるまでは住宅や車を破壊しよう。いまこうしている間にも未成年が売春を行なっている。それが私に何の関係があろうか」

そこまで考えた後、私は何となく便意を催した。なぜならそれが自然の行為だからだ。食う・飲む、小便・糞する、健康の証。たとえ清らかな乙女だろうと自然の循環は必須である。でなければ死ぬ。ましてやおっさんがなんぞや。

スカトロ・プレイヤーというものがあるがこれは特定の嗜好であり、普通は肛門から便が噴出するのを見たがる者はいない。そのように自然は見るに耐えない己の行為を見えぬよう、身体の後ろの奥に隠したのだ。

しかし私は”The Winged-Eye-Worm”の嫌らしい眼の前に尻の穴を向けると、生皮を剥がれる狸のような叫び声をあげながら豪快に糞を捻り出してやった。”The Winged-Eye-Worm”は飛び立ったが、また来るに違いない。

松果腺

「おかしい。何かがおかしい」糞便を放出し満足してその場を立ち去ると、このような考えが私に起こった。頭が豚で身体は犬の怪物を見たときに感じるような違和感。あるいは異種のピースがゴタ混ぜになっていて全体が完成しないジグソー・パズル。

と突然”The Winged-Eye-Worm”が舞い戻ってきた。すっかり眼についた糞を洗い流して。彼は汚物をかけられないよう警戒しながら語った「言葉には2種類ある、すなわち真と偽。地表面に貼りついた苔に夢中になり2つの眼をキョロキョロと動かす者よ(笑笑)。

自分たちが美しいと、偉いとでも思っているのかい?面白い種族だよ、本当に。あなた方はな。大腸に糞を詰め込んで松果腺をぬちょぬちょ湿らせながら、重力に引っ張られ骨を突っ張らせながら、頭蓋骨の唯一の2つの関節で合体した顎骨をカタカタ動かす。

腹話術みたいなトーンの高い声を出す婦人よ。皆が貴女の股間の匂いを知っている。それは絶対に下水道の匂いではなかった。視線はアンドレ・ザ・ジャイアントの背丈の上を超えることはない。人間の眼球の高さで、骨と腱と肉で結合された人形を薄い、膜が包んでいる。

豚肉の腸詰・ソーセージの内部には臓物が37度位の温度でのたうつ;血液なる流れる臓器や体液が絶えず循環し生命維持のため熱を発している。「お前は完全に解脱したという認識を実践し得たのか?」"Winged-Eye-Worm"が尋ねた。

「お前は体で真理を体現しているのであるか;今まで何度嘔吐したか、頭が7つに裂けたことがあるか」。私は答えた「死を覚悟する頭痛および嘔吐は経過した。もっと吐かせたければ吐かせよ。殺したいなら殺せ。真理に到達することなく100年生きたとて何になろうか」

解剖学

"Winged-Eye-Worm"は言った「もし女の身体が何パーセントの割合でシンメトリックなのかはともかく、頭部の大体真ん中から性器の真ん中まで切断され、その断面が透明な半身でカバーされたなら誰もそれに対して欲情しないと思うのだが。

松果腺から粘液がピクピク溢れていて腎臓からは絶えず尿が滴れてきて、大腸には糞便が格納され小腸の中を蠕動しながらゆっくり進んでいる。こいつの身体は飲食物と脳の自律神経によって維持されているのだ。いま女と言ったが人間全般そうである。

もし自分の身体と地球と太陽系の運行を同時に見ることが出来たなら、きっとお前達人間は生きているのが馬鹿らしくなるだろうけれども、同類同士の人体の光の反射や鼓膜を刺激する空気の振動でがんじがらめの生き物たちにとって、それは不可能な知覚に分類される」

「よもや私は人間の女体に対して欲情を起こすことはもう不可能なのであろうか?あたかもクロノスに去勢されたウラノスの男根が海に落ち、血に染まった海の泡の中から愛欲の女神アフロディーテーが出現したように」私は言った。

「いや人糞には多大な菌類が含まれているからこれを食べるのは正常な健康体の男性の目指すところではない。」"Winged-Eye-Worm"は続けた「”食糞餓鬼”なる魔界の生き物が平安時代の京の都にいたらしいことは伝承されている。また韓国人が糞を食うのに特化した民族だと言うこともネットには出ている」

「たとえそうだとしても糞尿が美しいとか浄らかだとか滋養に良いという結論にはならない」私は言った「ゆえに私は汚物を食わない。なぜなら私は汚物を嫌うからだ。汚物は憎むべきものだ」

切腹

”翼ある眼の虫”は沈黙した。辺りに暗闇が押し寄せ聖なる静寂が包み込みはじめた。(日が暮れようとしている)私は考えた(夕暮れがまた訪れ、夜が来る。夜明けに太陽は暗闇と戦い勝利する。そしてまた夜は明けるだろう。こうして1日が始まる。

『昼は永遠、夜は無窮』と古代エジプト人は埋葬の呪文を棺桶や高さがタワー・マンションほどもある四角錐形の古墳に刻んだ。古代ギリシャの哲学者は微分積分の計算は知らなかったが、限界を持たぬことを無限と呼んだ。

あなた方の偉業は山である。私のは石ころに過ぎぬ。しかしあなた方の山の部分をなす貴い鉱物と同じ物が、私の小さな石ころと同じであることを私は知っている。だから私はこれを決して離さない。私はこれを守る。)

女どもの知恵に何の価値があろう。奴らに耳を貸すな。男たちよ。お前たちは男なのであり、知性を持っているのだから。もしお前たちが女どもの身をくねらせる骨と血と内臓と肉の踊りに目と心を奪われるなら、お前たちの知性は地表面に釘付けとなり、もはや全く本来の役目を果たさないであろう。

つまり糞が糞に見えず吸血鬼が吸血鬼に見えず、尿が尿に見えず生ゴミが生ゴミに見えず、死体が死体に見えなくなる。つまり”見はするが、何も見えなく”なる。熱いサウナで頭を冷やすが良い。乳飲み子のように藁1本の望みに縋りつくが良い。)

私は抜き身のドスを2本取り出すと、ぶくぶくに太ってたるんだメタボ腹に両方から切っ先を突き刺した。”切腹”である。介錯人はいないので右手に持った懐剣を切り返して鳩尾に刃先を埋め込むと、左手の剣を離して左膝に添えた。命の息が胸の間からすうっと抜け、私は日本武士道の作法に乗っ取り俯せに突っ伏した。

スポンサーリンク

-オリジナル

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.