オリジナル

【ネット小説】第一回目:The Fable〜title”アベイドネゲード・メローパ・スイモングマン”

投稿日:

ただ延々と他人の書いた物を読み続ける、それはそれで良いかもしれない。しかしそれらは他人が”書いた物”だ。同じ人間である以上、私だって書けるはずだ。人間という種族は”書く”あるいは何かを創るのが好きなのだ。

オリジナル作品の公開・創作の場につき試行錯誤した上、あえてブログの延長で公開することにした。では試験的な第一回目たっぷりとご覧あれ 😀 

ゼウス

恐るべきゼウスは北緯38度地点の天頂に座していた。ゼウスは75兆2300億8700万5550才だった。

かれの左右には多くの妻のうちの二人である、14才の乙女イオカステネーロ(妻No.5)がおり、右には18才のレロンシ(妻No.100)が、物腰も優雅に侍っていた。

地球とゼウスの玉座との物理的距離はアッブダ地獄とニラッブダ地獄ほども離れており、人々が”宇宙空間”と呼び習わす拡がりの間を翼の生えたヒトコブラクダの群がさまよっていた。

ゼウスの玉座の前にはトヨタ製自動車のハンドルにも似たステアリングが突き出ていて、そのため見た目が車の運転席のようだ。かれがハンドルを1回転させなければ、地球は1回自転しなかった。

「殿」と妻No.100のレロンシが言った「いい加減そのハンドルを回すのに飽きませんか?なぜそうやって地球を回し続けるのですか?それよりも早く婚姻の褥へ連れて行ってください。」

「レロンシよ」とゼウスは答えた「我らが閨房の快楽に納まりかえっている間、ハンドルを握っていてくれる役目の息子が来なければダメなのだよ(笑)」

ハンドル

そこに胸元をはだけ、口元から極上のワインを滴らせながら息子であるヨーハート・メグルノス・セバが酔っ払って現れた。これは紀元前1万年頃にフィリピンで崇められていた異教神である。

「父上!」と息子が言った「ご覧の通り私めはしたたか呑んでしまっています。東京の私のある崇拝者が贈ってくれた焼き鳥があまりにも美味かったもので。」

「構わん」と父が言った「人間の法律なんぞここでは無意味だ。我らは神だ。なぜ神である我らが人間の気にいるようにしなければならんのだ」

「でも父上、安全運転は大事ですよ」しゃっくりをしながら息子は答えたが、有無を言わさずにハンドルを握らされた。

父と二人の妻は快楽の部屋へ下がって行った。息子は父のハーレムを共有できたが、一人でしばし酔いを冷ましたかったのであえて誰も呼ばずステアリング操作に専念した。

「まったく」と息子が言った「あれらの人間どもは、誰のおかげで日が昇り、夜が来るのだと思っていやがるんだ?このハンドルの手を離すも離さないも、この俺の意志ひとつだというのに?」

牢獄

その時息子はふてくされてハンドルを握る手を離した。ヒトコブラクダの群は冷や汗をかき青くなってますます早く宇宙空間を動き回った。

地球では牢獄の暗黒に囚われの身になっていた人間種族の青年、デンマーク生まれ住所不定無職ボゲンビゲン・ビドゥンが、頭をかきむしりながら鉄の丸天井を見上げた。

牢獄はどれくらい地上から深いところにあるのか、見当もつかない。なぜなら裁判から強制収容まであっという間のことで、催眠薬で眠らされてしまっていたからだ。

鉄の丸天井はところどころ錆びついていてかなり年季が入り、そのまま鉄の床まで伸びていた。すなわち広大な球体を真っ二つに切った半円球の形で地上と同じなのであった。

青年は言った「ああ、なんで俺は骨と肉でできてるのだろう!いったい、俺の体で骨と肉でない部分が1か所でもあるか?

誰かこの牢獄から出してくれ、そしたら俺は骨と肉ではない、別な体も持っていると証明してやれるのだが!」

ドラゴン

この青年はゼウスの留守中にハンドルの番を怠ったヨーハート・メグルノス・セバだった。かれが手綱を離したほんの一瞬のうちに人類が滅亡し次の種族が興っていた。

この世代は尻尾が生えているということで前の人類と区別されているに過ぎなかった。ヨーハート・メグルノス・セバは父に叱られて、罰として人間として生まれさせられ牢獄に入れられたのだった。

流れを説明するとこうなる;息子がハンドルを離す→人類が滅亡する→ゼウスが怒る→息子がデンマークで生まれる→人間が再び地上に生じる→息子牢獄に入れられる。

地上では尻尾の生えた人間たちが増え始めていた。ところがヨーハート・セバの怨念が大西洋くらいの大きさのドラゴンを生み、人間どもの身体を食い散らかした。

と同時にユーラシア大陸はまだあったので、そこの中国大陸から水が分かれてひとつの島国が出現した。それは「日本」と呼ばれた。

ドラゴンが地上のありとあらゆる骨と肉を食い漁っている間に、「日本」に生えた見窄らしいシダ植物からさらにキノコが生えた。そのキノコからさらに松茸が生えた。

松茸からは徐々に頭が生え、四肢が成熟しパーシーが生じた。パーシーからガナが生じ、ガナからアッブダが生じ、アッブダからアババおよびアハハが生じた。このアハハこそが救世主であった。

救世主アハハはメロンゾニッド・アベイスカハーン・メロスコソイニッドという名だった。そいつは馬鹿梵天の作用力により、わずか13才でゼウスの妻No.123、ペーネロペー相手に童貞を捨てた。

ペーネロペーの身体は非常に官能的であったがメロスコイニッドは3時間精液を放出することなく、柔らかな圧力に屈することなく摩擦運動を続行し得た。

メロンゾニッドが男性になった折に、頭に付いた両目が見えるようになった。それまでは眼球は付いていたが、見えなかったからだ。そこでかれは自分が豚どもに囲まれていると悟った。

「なんてことだ!」かれは言った「この豚ども、いつからいつまでこうしているつもりだ。こうやって餌を食い、消化し、クソとションベンをするだけだなんて。ゼウスに対してどう答えるつもりだ」

豚どもが叫ぶ「イヒヒヒン!イヒーン!!エッヘン!!(笑笑)」糞しながらまた「イヒヒヒーン!ブッヒャァァ!!ブヒーン!」訳すると「おいらたちは飯食えればそれでいいのさ。ゼウスなんぞ知ったことか」

祈願

牢獄で凶暴な発作に捕らわれていボゲンビゲン・ビドゥンは、絶対に丸天井を破壊することが出来ないと悟るや、物理的な移動を諦めた。

そして障害に左右されない時空を超えた瞬間移動を実行すべく、すなわち脱出を祈願して以下の言葉を父であるゼウスに唱えた。

「おお、我が父であり回転のハンドルを握る主人であるところの者、一者であり多くの妻たちを自由に選ぶ者、汝にこそ我は祈願する。我が身体の骨と肉を捨てさしめよ。そしてこの鋼鉄の牢獄より脱出せしめよ」

ボゲンビゲン・ビドゥンが祈願を唱えズボンを下ろすや、巨大な松茸が牢獄の丸天井めがけてそそり立った。しかも今その男根から稲妻が発していた。地上では地震と津波が起こった。

すると骨と肉で出来ていたかれの身体は蝉の蛹か前世代のエジプト文明ミイラの包帯、または脱皮した蛇の古い皮の様相を帯びた。やがて完全に乾燥しカサカサの枯木のようになった。

1昼夜の後に蛹から七色の虹が現れた。その光はゼウスの玉座にまで届いた。蛹の裂け目からは蝶のような生き物が粘膜で目隠しをされたまま出てきたが、以後ボゲンビゲン・ビドゥンを見たものは誰もいなかった。

for the Experience, God, Aion , Kosmos, Time, Coming-to-be. 

スポンサーリンク

-オリジナル

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.