オリジナル エッセー

【アルゴス】「百眼巨人」〜電源に依存するインターネットが啓示するヘルメスの生贄

投稿日:

インターネット、パソコン(mac)、スマートフォン(iphine)、人工衛星、電力、これらが確保されている2020AD.では、一介の凡人である筆者ですら自宅にいて全世界を見ることが出来てしまう。これはギリシャ神話のアルゴスなる巨人になった気分だ。

これらの眼はインターネットが世界各地に普及し渡ったことや、多くの人がスマホを持つに至ったという経緯によるのである。つまりネットに繋がってさえいれば、全世界のスマホ・ユーザーが衝動に動かされ動画を配信するとき、そのユーザーが観ているその事件を見ることが出来る、というものだ。

アルゴスで悪ければ万軍の主の玉座の周りを飛ぶ4つの生き物、すなわちケルビムでも良い。この生き物もまた、翼中に眼が付いている。アルゴスはヘルメスに殺され、死体の眼は孔雀の羽の装飾となる。孔雀はゼウスの妃へーラーの象徴の鳥。

さていま何が起こっているか、知りたい時に、さして収入のあるわけでもない筆者ですら持っているimacの一番安いモデルを開く。目指すはYouTubeのAlgazeera English, もしくはFrance 24、アルゴスの眼に比すべき世界各地の情報・映像が一瞬で出る。

これは前述したように(If You wanna stop me, cut and eat your tongue, then come, and say "I am sinner, please kill me softly, not cruelly")、インターネットとスマートホン、ドローン撮影の成せる業なのだ。

WEB, WWW, internet, ネットは電力を必要とする。電気は別な燃料で発電したり蓄電して持ち歩かない限り、供給には電線という物理的媒介が必要である。山の中の大自然に電気は来ない。

そしてインターネットは電力と一体であるから、電力が切れない内は”アルゴスの眼”も眠らないであろう。我々は世界中にあるスマートホンと同じ数の眼を持っていると言っても大げさではないと思われる。

地球の表面は大気に包まれ、海と渇いた陸地は明確に分けられていて、この陸地が国々である。国々は飛行機で結ばれていたがこれが切れた。飛行機や空港、滑走路等の設備はまだ残存しているのに使えない。なぜならそれらを使う人の身体がCOVID-19の危険に晒されているからだ。

いま2020AD.スティーブ・ジョブズのおかげで飛躍的に進歩し普及した技術のおかげで、我々は”アルゴスの眼”を持つことになった。家から一歩も出ないで世界中を見ることが出来、各国間でお互いの顔をみながら会話も出来る。

情報の素早さが反対に恐怖の素早さに取って代わるとは、誰が想像したろう。知らないでいることができれば幸せなような情報も、瞬時にして我々の耳に目に入り拡がって、我々の心を充してしまうのである。

キリスト教的瞑想のための散文〜”ソヴェンゴヴェン・モロシッパ・ザイーベ”

-オリジナル, , エッセー

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.