「 月別アーカイブ:2019年02月 」 一覧

【ブッダのことば】「スッタニパータ」(中村元訳)レビュー〜原始仏典から読む釈迦の教え

2019/02/27  

「ブッダのことば」(スッタニパータ)は釈迦族から生まれたゴータマ・シッダルタの教えをまとめた、仏教の最も古い聖典。日本人にとっても身近だが時代を経るに従って誤解され、曲解され、複雑化されたためもはや元 ...

【マルキ・ド・サド】「閨房哲学」澁澤龍彦訳〜エロティックな寝室で展開される悪の教育

2019/02/26  

フランスの作家アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ氏がその小評論「ジュリエット」のなかでも絶賛している、サドの「閨房哲学」をレビューする。 「ジュリエット」 「ジュリエット」はマルキ・ド・サドの長編 ...

【マンディアルグ】「ダイヤモンド」レビュー〜『燠火』収録の傑作短編小説

2019/02/19  

あらすじ 獅子(リヨン)通りの山手の古屋敷で何百年来宝石商を営むモーゼ氏に、新しいダイヤが届いた。鑑定役を引き受けるのは娘のサラ。ダイヤの冷気と熱気(輝き)を判定するのは、処女にこそ一番向いているから ...

【日清ラ王】袋ラーメン讃歌〜”ラ王”美味すぎて感動

2019/02/18  

ゲロ不味のマルちゃん正◯に比較して、日清ラ王は圧倒的に美味いということを前回書いた。だがそれだけでは言い足りない。 日清ラ王は自炊でそれなりにトッピングを強化すると、もはや弱体ラーメン・チェーン店のラ ...

【学歴】あるいは金のための勉強

2019/02/16  

人間金がなければ生きられない、そう考えてはいないだろうか。その通り。今回は「学歴」についてのエッセー。 就職 日本のみなさんが「学歴」という言葉を聞くと真っ先に思い浮かぶのが「就職」ではないだろうか。 ...

【マンディアルグ】短編集『みだらな扉』より「ネズミッ子」レビュー

2019/02/08  

品田一良氏訳によれば『みだらな扉』だが、直訳では『放埓な扉』であるらしい。いやらしい想像をしてしまいがちな題名のこの短編集は、マンディアルグ作品の中でも後期に分類されるかもしれない。 (前期を難解な前 ...

【豪一麺】リベンジ編〜いかにしたら弱い二郎系をパワーアップさせられるか

2019/02/06  

二郎がマイク・タイソンのパンチだとすれば、豪一麺というのは何だろう。豆鉄砲とでも言おうか;あるいは看板で客を騙すボッタクリ風俗にも似ている。 麺屋奏様で食えば間違いないが、市街地で昼時はまず駐車場が空 ...

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.