「 月別アーカイブ:2019年07月 」 一覧

【ネット小説】第二回目: The fable〜title”アベライーデ・ベゴン・ティアマウーテッフェ”

2019/07/31  

蝙蝠 その名は"The Winged-Eye-Worm”「翼の生えた眼の虫」と呼ぶ。そいつが夜の大気の中をゆっくりと飛びながら、死後硬直した私の顔の前に蝙蝠さながら止まった。 こいつは今後私の眼の代わ ...

【山岡家】期間限定「豚バラもやしラーメン」を食べてみた・旨辛シリーズ第2弾!!

2019/07/31  

みんな大好きラーメン山岡家で絶賛提供中の「豚バラもやしラーメン」の食レポ。これは新メニューのようなので早速食べてきた。 恒例”旨辛スタミナ”の次は”特もやし味噌”か”ガリバタ醤油”あたりのリピートかと ...

【iphone SE 2】は出るのか出ないのか〜4インチiphoneユーザーが抱える悩み

2019/07/28  

4インチサイズのiphoneユーザーの皆様については私も良く知っている。私自身もそうだし、故スティーブ・ジョブズ氏の拘りもそこにありだからだ。そもそもアン●ロイドとかその他訳がわからない多様化した機種 ...

【歯磨き】と眠り・夢の関係〜寝る前の歯磨きが夢の質を上げる

2019/07/28  

歯磨き粉 20世紀の歯磨きは格段に進歩し”歯ブラシ”と”歯磨き粉”による、いとも清潔な生活習慣を実現するに至る。普通は朝起きた時と寝る前に歯を磨くのが一般的かもしれない。さらに口臭や虫歯・歯周病に気を ...

【瞑想】と「ヨーガ」〜仏教、チベット密教の表現の喰い違い

2019/07/27  

「ヨガ」とgoogleに打ち込むと近隣の施設やヨガマット等商品の検索が出る。「ヨーガ」と打ち込むとよりいっそう本来の意味に近い”瞑想”といったキーワードが出る。 今回の記事はカタカナ日本語で意味すると ...

【ポリフィルス狂恋夢】「ヒュプネロトマキア・ポリフィリ」洋書レビュー〜難解な象徴と寓意のオン・パレード

2019/07/27  

澁澤龍彦氏が『ポリフィルス狂恋夢』のタイトルで著作中紹介しているにも関わらず、邦訳は2019年に到るまで出てこなかった。魔道書の訳業やブログでも有名な大橋喜之氏のそれである。 しかしこの完訳は日本円で ...

【エドガー・アラン・ポー】短編「息の喪失」レビュー〜呼吸は生きていることの証

2019/07/25  

概要 ”気息”というものは生き物が生きていることの証、体があっても呼吸していなければただの死体である。生き物を単なる物体から区別するのは息であり、息によって動物は色々な行為をするために体を動かすことが ...

【エドガー・アラン・ポー】短編「ペスト王」レビュー〜疫病が蔓延した隔離街での宴会

2019/07/24  

エドガー・アラン・ポー氏の1835年9月発表の短編小説「ペスト王」" King Pest"の感想やレビュー。 気まま勝手号 ユニークなタイトルからも予想される期待通りの作品。スクーナー商船”気まま勝手 ...

【ネット小説】第一回目:The Fable〜title”アベイドネゲード・メローパ・スイモングマン”

2019/07/21  

ただ延々と他人の書いた物を読み続ける、それはそれで良いかもしれない。しかしそれらは他人が”書いた物”だ。同じ人間である以上、私だって書けるはずだ。人間という種族は”書く”あるいは何かを創るのが好きなの ...

映画【百円の恋】感想〜チープな恋物語から”ロッキー”へ突然の展開

2019/07/21  

2014年公開映画『百円の恋』のレビューと感想 😎  安藤サクラ 観終わるや「ここ最近、俺は何かを一生懸命やっただろうか」「死に物狂いで戦ったことがあるだろうか」なんて青臭い自問自答をしてしまう。ごく ...

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.