「哲学」 一覧

哲学に分類されるであろう記事

【エドガー・アラン・ポー】「催眠術の啓示」感想・レビュー〜隠れた名作、哲学的作品

2020/07/20  

ボードレールもその文学批評で、「ユリイカ」とともに力を込めて推すポーの哲学的短編「催眠術の啓示」について、思うところを書く。 科学 登場人物は二人で、一方の患者に一方が催眠術の治療を施す対話形式である ...

【物の本質について】ルクレーティウス〜岩波文庫レビュー

2020/07/10  

岩波文庫の立派な訳が出ている、古代ローマの詩人兼哲学者ルクレーティウスの「物の本質について」の読書感想。 ルネサンス 若い頃一回読んであまり印象に残らなかったこの本をなぜ今図書館から借りて来て読んだか ...

【滅び】について〜科学と宗教の狭間で明らかになる危機の現実性

2020/06/27  

預言 聖書には「天地は滅びる」と書かれている。またマンディアルグは書名『全ては消えるだろう』によって「全ては消えるだろう」と預言した。いずれにしてももし全てが消えるのならば、それは人類の歴史と文明の終 ...

【地磁気の逆転】アランナ・ミッチェル〜”科学の大衆化”を意図するジャーナリズム著作

2020/06/11  

チバニアン 光文社単行本「地磁気の逆転」はソフトカバーで気軽に読める、300ページちょいのめちゃくちゃ面白い本。地磁気に興味を抱いた人が日本語で”地磁気”と検索すると、2018年に出版され翌年翻訳され ...

【地磁気】放射線から地球を守るバリヤー〜誰でも知ってることを今更のように論ずる

2020/06/05  

黙示録 ヨハネ黙示録の”ユーフラテス川に繋がれている4人の天使”、”地と海に4方の風が吹き付けないようにしている4人の天使”が一体何を指すのか、ずっと考えてきたが、それがわかったので書く。 ヨハネが生 ...

【井底之蛙】あるいはヨハネ黙示録の大災害を現実化する3つの要素

2020/06/03  

地軸 井底之蛙、人は自惚れた時終わる。知識なるものはさらなる視野を拡げる時、未知の世界に会う。概知の境界は未知の領域に接する。ゆえにこんな故事もあるわけである。 例えばプトレマイオスだが、彼は『アルマ ...

【第六の喇叭】「ヨハネ黙示録」ユーフラテス川の4人の天使〜いつ起こるかについて考察

2020/05/30  

当サイトは決してオカルト趣向ではない。しかしこれまで筆者が当ブログにおいて積み重ねて来た芸術、哲学、詩などのエッセンスがここに来てCOVID-19という未曾有の社会情勢に衝突し、言うなれば”預言”とい ...

【預言】について〜マンディアルグ『世紀の最後の夜』を読み解く

2020/05/22  

筆者のコロナウィルス・パンデミック中の日本の経過予測は全く外れた。筆者は東京が死体の山になると預言したのだった。だが結果そうはなっていない。仮に今は未発見の遺体が数ヶ月後にたくさん出てきて特殊清掃業者 ...

【COVID-19】人類を救うアメリカ映画のプロパガンダあるいは「感覚」についての論稿

2020/05/13  

DEATH アメリカ映画が好きで私は良く観たものだ。過去形になってるのは今ではそれら架空のお話よりも、現実の方がはるかにエキサイティングだからに他ならない。 無頼の映画好き・オンラインゲーム好きだった ...

【数】について〜ピュタゴラス派、プラトン派を気取った古代エジプト人ごっこ

2020/05/04  

全くもってカバラに興味を持たずその知識もろくにない筆者が、単に聖書と古代ギリシャの哲学書を読み漁った雑学で以って綴ってみる「数」への讃美。 テトラクテュス 「1、2、3、、おやティマイオス、4人目はど ...

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.