オリジナル 評論

【ウィルス】の「正体」について〜現代的異端悪魔神学とポエジーによる分析(1)

投稿日:

Serré, fourmillant, comme un million d'helminthes,

Dans nos cerveaux  ribote un people de Démon,

Et, quand nous respirons, la Mort dans nos poumons

Descend, fleuve invisible, avec de sourdes plaintes.

BAUDELAIRE,  "Les Fleurs du Mal" AU LECTEUR

イデア

世界には「正体」のわからないものがたくさんある。たとえば人間、地球、陸地、海。視覚、聴覚、感覚全般。

まず”人間”。人種と言語、国の位置は違えども人間は人間として分類される以上、すべて同じ人間であるが、そもそもこの人間とは何なのだろうか。まるで昭和初期の自意識過剰の青年みたいな論調だが、実際のところ分かっている人がいるのだろうか?

人間は人間であり馬ではない、とソクラテスなら言うだろう。アリストテレスもそう。なぜなら人間と馬は異なっており、馬は馬に等しいが人間とは異なり、人間は人間に等しく馬とは異なるだろうから。

等しい、を同じと言い換えても良い。プラトンにとってはこの”同じ”であるとか”異なる””似ている””似ていない””等しい”とかいったイデアは非常に重要なのであって、アリストテレスもそうだが、その本の中では徹底的に論じられなければならない要素なのである。

(有・同・異・似・不似・等・不等などといった要素について、もし本当に真剣に学ぶとしたならば、青少年の義務教育の全時限を捧げなくてはなるまい)以下、すべての項目も同様。

『箴言』

いまパンデミックを起こしてる新型コロナウィルスのことであるが、そもそもウィルスとは何なのか、ネットで軽く調べてみた。そこで筆者としては、これらは悪魔が小さく変身して暴れ回っているに違いない、との結論に達し得た。

その根拠は聖書や詩、ルネサンス時代の悪魔学の本などから持ってくることになるのだが、事実を鼻で笑い嘲笑う前に、よく聞いて欲しい。

「主への恐れは知識の始め、しかし愚か者は知恵と諭しを軽蔑する」

とは『箴言』の言葉。

『失楽園』

ミルトンの『失楽園』で天上から地獄へ落とされた悪魔たちが、会議の大会場である万魔殿(パンデモニウム)を構築するさいに、夥しい軍勢がすべて中に収まるよう彼らは自由自在に体の大きさを変える。最初巨大な山のような体格だった彼らは、蟻のように小さくなり、謀議の場に臨んだ。

一方首領であるサタンや数名の側近は上座に普段の通りの大きさで君臨するのだ。また悪魔は物質ではない霊なので、物体間を自在に通り抜け、可視的な感覚に頼る死すべき人間の目には見えない。

なのでウィルスの小ささと邪悪さ、繁殖にあたり徐々に人間を蝕んでいく悪賢さは、神に戦いを挑んだ堕天使の知性でしか説明はつかない。冒頭のボードレールの詩にも、「我らの脳髄の中で蠕虫の大軍のごとき悪魔の集団が飛び跳ねる」とある。

ミルトン、ボードレールなど大詩人は人間の目には見えないものらを見、死すべき生き物の持つ感覚を超えた事物を知覚するのである以上、ウィルスが悪魔であるという考えは、まったく確率の無いことではないのである。(以下次回(未定)に続く)

【緊急事態宣言】に寄せて〜「新型コロナウィルス」に対する政府の対応について思うこと

スポンサーリンク

-オリジナル, 評論

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.