オリジナル 評論

「インクレディブル」〜有り得ない夢からの目覚めの過程にある3分の一の覚醒状態について

投稿日:

人種

肌の色・髪の色・目の色そして体格;国の位置・文明と歴史・気候・言語etc.これらに惑わされるな。それらはみな見た目に過ぎない。事物の本質を見てメカニズムを解き明かすのだ。

だがしかしだ、反逆者らの所有物である女子供がいかに愛らしいとしても、人間だと思ってはならない。それらは反逆者の罪の収入により飲食する所有物であり、獣の食い物である。骨と肉は全て食えるからである。獣は骨と肉が大好きである。

芝居を観るのをもうやめたらどうか?嘘っぱち・見た目だけ・本当らしさだけの芝居というものを?その血は作り物の血、その恐怖は演技、その力はCG-VFXである。そこには美しさも勇気もない。美しさの見せかけであり、勇敢さの見せかけでしかない。

まだこれに気付かないのか?戦争プロパガンダの延長であるうわべのシナリオに?

子供

俺には子供が肉の塊にしか見えない。餌を与えられ、太らされている。時折トーンの高い叫び声や奇声を発したり、飛び跳ねたり、顔の筋肉を引きつらせたりするのは、おそらく自分の宿命を漠然と感じているのであり、道化としての役割を存分に心得ている自己防衛本能だと思われる。

すなわち太宰治の小説『人間失格』に書いてあるような、大人たちに”気に入られなければならない”との卑しい強迫観念からであろう。そのために可愛子ぶりっ子し、笑顔を作る。

連中の親と同じくいっぱしに口を備え、ここから飲食物を流し込むが成人したところで親の叛逆を引き継ぎ、呪いをさらに増し加えるだけのこと;もう時間もない。親を怨め、かれらは虚偽を教え時間を使い果たしたのだから。

隠喩

”キリスト”は物体ではない。それは「言葉」でありすなわち「スピリット」である。であるからもし「救世主」を探すのならば、聞いている「言葉」がどんな性質を有するか、吟味する必要がある。

ゆえにいまの時代、ただ聖書を開いても主の「スピリット」を受け取ることはできない。吟味するには様々な手段や複雑な過程があり、学問を探求せねばならない。現代人は単純な古代の人とは違うのであるから。一粒の芥子種や10人の乙女の喩えは、いまや深い謎の霧によって覆われている。

まとめ

さて太陽やオリオン座が、太古の昔から今も全地上を経めぐり、このクソのような日本の東北のど田舎にいる異邦人である、私の頭上にも登るとするならば、どうしてこれらを造った存在が私を見ていないはずがあろうか?

2000年も前にパレスチナで十字架刑にされ3日後に復活したという”神の子”が、ヨハネ福音書にあるように「言葉」であり「創造者」であるなら、そのスピリットは全地上を経巡っているはずである。

ゆえに”キリスト”に接するのに物体や地理的な教会は要らない。必要なのは「祈り」なのであるが、この言葉ですら本来の意味を失ってしまっているので、誰もこのことには気付くまい。

【ダニエル書】壁に書かれた謎の文字;”メネ・メネ・テケル・ウパルシン”とは

-オリジナル, 評論

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.