哲学 評論

【井底之蛙】あるいはヨハネ黙示録の大災害を現実化する3つの要素

投稿日:

地軸

井底之蛙、人は自惚れた時終わる。知識なるものはさらなる視野を拡げる時、未知の世界に会う。概知の境界は未知の領域に接する。ゆえにこんな故事もあるわけである。

例えばプトレマイオスだが、彼は『アルマゲスト』で惑星や星座の位置を計算し、全世界を解明したように得意気である。事実彼の仕事は偉大である。だが人は自惚れた時終わる。

プトレマイオスに限らず古代の人は地軸と赤道に対する黄道の傾斜角に気付いただけで、あたかも世界の秘密を発見した気でいる。しかし『アルマゲスト』のどこにも地軸とは何かが書いていない。

それどころか彼ら古代の哲学者たちは、自分は地軸が何なのか知ってないことにすら気付いていない。外界の事物で頭が一杯になって、今自分が立っている大地に注意が及んでないのである。

作用力

目に見え肌で感じることができる、この強大な宇宙の力はいくつか数えることができる。まず太陽、月、星、風、そして地球の磁力。太陽に身を晒してみよう。温かく、明るい。もちろん目で見つめることはできない。太陽が善い状態になっていられるのは、他の善い力がちょうどよく抑えているからである。

太陽そのものが善いというより、抑止力があって初めて善いのであって、太陽そのものは良くも悪くもなり得る。同じように地球もまた然り、生き物に対する自然の何らかの悪意が地磁気を乱れさせれば、宇宙線から地表を守るものは何もなくなり、生き物は滅ぶという。

移住

火星移住計画があるようだがそれは人類の地球脱出最初のステップとして格好だからだろう。火星と木星の間には小惑星帯があるそうだ。ここを超えるのは大変そうだ。また内惑星より外惑星の方が気が楽だ。だって太陽に近ければそれだけ太陽の恐ろしい力に脅かされるだろう。

火に近づくよりは遠ざかる方が安全だ。このようにヨハネ黙示録の世界の終わりを実現する要素は少なくとも3つある。別に押したくもない核兵器発射のボタンを押したり、じわじわ地球温暖化を待つ必要もない。

予告されているように突然起きる世界の破滅として、❶太陽風❷地磁気の乱れ❸小惑星の飛来、が考えられる。これらは現実にこの宇宙にあるものである。方位磁針を持ってパネルを見てみれば、針は北を指す。太陽は熱い。

小惑星は大変多くそれが地球に向かって飛んでくることがあり、小さいものでも核兵器の何倍何十倍の破壊力がある。反対にあまり大きいと事前に発見されるという。これらの小惑星は造物主があらかじめ地球を取り囲むように配置し、気が向いた時に発射して破壊するために置いてある弾丸である。

別離

小惑星にしろ、太陽にしろ地磁気にしろ、全て全能者の右手が握っている。これらを動かすと世界は滅びる。しかも地と海とその上の生き物なんてものは、地殻という地球の卵の殻に貼りついた付着物にすぎない。こんなものを滅ぼすことが造物主にとりいかに簡単か、想像してみるといい。

これ以上造物主に逆らい続けるならば滅びは近い。しかし私自身が死ぬのも近い。世界が滅びるのも真実、私が滅びるのも真実である。どの真実にせよ、私には真実そのものが重要なのであって、結果はどうでも良いのである。

【聖書】「呪いの言葉」まとめ(1)『詩篇』『箴言』『申命記』より

スポンサーリンク

-哲学, 評論

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.