評論

【聖書】「呪いの言葉」まとめ(1)『詩篇』『箴言』『申命記』より

投稿日:

ここで言う「聖書」はいわゆるキリスト教の旧約聖書のことである。ウィリアム・ブレイクがその作品中”地獄の聖書”、または”深い穴”などと呼んでいるように、この書物には恐ろしい呪いの言葉が満載である。

今回はそんな中から少しばかり、どの程度恐ろしいのか、読者諸氏にわかってもらうために引用しまとめて見ようと思った。全部紹介しようなど考えたらいつになったら終わるかわからない。それほど呪いの言葉は多い。

また現在世界で猛威を振るっている、COVID-19の現象との関連性を想起してもらえると、さらに理解が捗るであろう。では行ってみよう。

『詩篇』

まずは『詩篇』から:

「神無き者は風に吹き飛ばされる籾殻のよう。神無き者の道は滅ぶ。」1

「彼は彼ら自身の不正を彼らに齎した。そして彼らを彼ら自身の悪の中で断ち切るであろう。主は彼らを断ち切るであろう。」94

「おお、あなたは悪者を殺し給え!おお神よ。私は彼らを憎まないだろうか、おお主よ、あなたを嫌う者らを?

そして私は忌み嫌わないだろうか、あなたに反対して立ち上がる者たちを?私は彼らを完璧な憎しみにより憎む。私は彼らを私の敵と見做す。」139

『箴言』

次に呪いの言葉の宝庫、『箴言』から:

「私もまたあなたたちの災いを笑うであろう。私はあなたたちに恐怖がやって来る時に嘲るだろう。あなたたちの恐怖が嵐のようにやって来る時に、

そしてあなたたちの滅びがつむじ風のようにやって来る時に、絶望と苦悶があなたたちの上にやって来る時に。」

「そのゆえ彼らは彼ら自身の道の果実を食うだろう。そして彼ら自身の幻想にすっかり満たされるだろう。

なぜなら愚か者の背きは彼らを殺すから。そして馬鹿者らの企みは彼らを滅ぼすから。」1

「これら6つの事どもを主は嫌う。そうだ、7つは彼にとり忌み嫌うもの。

傲岸な見栄え、

嘘つきの舌、

無垢の者らの血を流す両手、

悪しき計画を巡らす心、

悪に走るに逸る両足、

嘘を話す偽りの証人、

そして兄弟間に不和を蒔く者。」6

『申命記』

最後に(とても1000文字の記事では書ききれないので)極め付け『申命記』をどうぞ:

「もしあなたたちが気を付けてこの書に書かれたこの法のすべて、すなわちあなたたちはこの栄光ある畏怖すべき名、”あなたの神なる主”を恐れなければならないという言葉を守らないなら、

主はあなたたちとあなたたちの子孫の上に異常な疫病を、甚大で長引く、そして深刻に続く病気を齎すであろう。」

「あなたたちは都市の中で呪われ、あなたたちは国の中で呪われ、

あなたたちのパン粉ねの籠は呪われ、あなたたちの身体の果実(つまり子供)らは呪われ、

あなたたちの土地の産物は呪われ、あなたたちの家畜の繁殖とあなたたちの群の子孫は呪われるであろう。」28

まとめ

もうこれだけで充分すぎるほど充分である。私はお腹いっぱいだ;罠にかかった二十日鼠のめまぐるしい奔走をずっと見ていると疲れる。パクパク開く唇の動きは、神話に登場するような美女のそれならばともかく、汚い生意気な溝鼠供のでは飽き飽きさせられる。

時にはこんなような黄色い膿汁の塊を第二の獣の支配する水が溜まった海の中に、神話の英雄のように投ずる必要も出て来るのである。

【John Milton / Paradise Lost】ミルトン「失楽園」洋書レビュー

スポンサーリンク

-評論

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.