エッセー 評論

【時間稼ぎ】コロナウィルス収束の見込みに付与される期限

投稿日:

天体

「時間稼ぎ」「様子見」なる言葉がある。似たようなニュアンスに「時が解決する」など。つまりどうしようもない八方塞がりの状況や、苦悩苦難のどん底に落ちてその解決策が見つからない場合など、昔の人の知恵というか、諺として言われる。

自然は別に人間がこうしようああしようと考えなくとも、天体の運行により変化する。FIXED STARと呼ばれる恒星球の星座でさえ、100年に一度動いているというそうではないか。

現在コロナウィルスという厄介なご時世で、コントロール下にない疫病の収束の見込みを国々は「時間稼ぎ」に託している。愛車が故障して途方に暮れるとき、まずパニックになる頭を鎮めて煙草に火を着けるのに似ている。これが「様子見」。

春分

12月下旬の冬至を経て今地球と太陽は春分点の関係に向かっている。暦で3月20日頃である。各国の閉鎖やイベントの延期、自粛の期限がとりあえずこの春分の日近くに設定されているのは、昼夜の時間が等しくなる天球上の地点を太陽が通過することにより、地上の疫病の活動にまるで何らかの変化が起きることを予期しているようである。

星が出ようが月が満ち欠けようが、太陽が出ようが曇ろうが、天気予報しか見ない人々には天空など存在しないも同じだ。それらの天体が地上より上位の力を有し、強い影響力を持っているとは思わない。運命も自分で変えられる気でいる。

そのような無知な輩がここにきて時間の変化に望みを託すのは、いわば「運を天に任せる」ようなものである。よし春分で変化が起きるとしよう。それが皆の気に入ろうが入るまいが、自然は無頓着なのだ。

計画

コロナウィルスの厄介なご時世に突入し個人的に思うのは、人類の活動がいかに多くの計画や、集会で成り立っているのかということだった。いかに多くの飛行機移動、船移動、遊び、パーティー、お祭り、時間という時間をほとんど計画と予定で埋め尽くし、虚無の無限の時間の中で魂の安定を図っているのだろうか?

これらのイベントと集会を支配しているのは主に金の動きと淫行で、つまり女どもが手綱を握っている。男たちはそのご機嫌取りをしているに過ぎない。

呪い

前の記事では”底知れぬ穴”について書いたが、念のためこれは地球の中心を指すのではない。地球の中心は科学的に解明されているから”底なしの穴”とは呼べないだろう。そうではなく地獄のことを指すのである。

ダンテ・アリギエリの呪いが降りかかる。エドガー・ポーとボードレール、モーゼとエヴァグリオス・ポンティコスの呪いが。

仏陀の言葉のひとつである「人は見解によって浄められる」だが、これは反証の意味で使われているのである。すなわち正しくは「人は見解によっては浄められない」となる。いかなる見解も脱し議論を越えることが、完全な仏陀なのだ。

そしてチベット死者の書”バルドゥ・ソドル”およびエジプトの死者の書”Adoration of RA when he rises in the eastern part of Heaven"、"Chapter of Coming Forth by Day"、"Chapter of Changing into Golden Hawk" "Chapter of changing into Divine Hawk"etc. これらは全てひとつである。

【ダニエル書】壁に書かれた謎の文字;”メネ・メネ・テケル・ウパルシン”とは

-エッセー, 評論

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.