哲学

【アリストテレス】「自然学」〜場所と運動、時間とは何か〜”ヘルメス選集”との関連

更新日:

ヘルメス選集

場所はアリストテレス「自然学」で論じられている。ヘレニズム時代に成ったとされる”ヘルメス選集”においても、プラトンとアリストテレスの教義を混合したスタイルで説かれている。「動くものは何かによって、何かの中で動かされる」と。

そもそも運動とは時間である。時間なくして運動なし、運動なくして時間なし。そして運動させる力は高い所から低い所へ作用する。強い者が弱い者を動かし、逆はありえない。場所はその中でものが動かされているところのもの、である。

従って場所はその中で運動する全てを含み、運動を妨げることのない余裕のある巨大なものである。またその中であらゆるものが動かされるという場所は、運動するものと反対の自然を持つ。つまり不動という自然を。

動くものは全て物質であるならば場所は非物質ということになる。この非物質が神であるか、あるいは神的なものであるかは”ヘルメス選集”で説かれている。

可視的な神々

まずこの一瞬も静止しない時間・運動が存在するということ、その中で生き物が魚のように泳いでいること。これを認識することなく魂を欺きと無知に従わせ、一体何をしようというのであるか。

古代人は神々を敬えと教えてきたが、それは精神的な意味のみならず物理的な意味合いも持つ。可視的宇宙の最も外側、最も高く遠い場所で運動しているのは星座である。これが視ることのできる神々である。

星座は2000年以上も前から定められているが、今もその配列は変わっていない。この間どれほどの人間が生まれ、死んだことだろう。賢者は天空の星座を見ながら、それに神の性質を認めたのである。

地球は回転する天体に取り巻かれているが、下の物が上の物を動かすことはありえない。地上の現象は天体の運動に支配される。これこそが時間である。

悪のダイモーン

人間は理性と叡智の覚醒に預かる幸運に恵まれることは困難だとしても、時間と運動を視ることによって無限を感知することはできる。無限を見るときに物質世界を超えた何者かが現れる。

古代人が説いたダイモーンと呼ばれる空中の悪魔たちである。これらは人の身体ではなく魂に作用力を持ち、強盗、殺人、姦淫などの邪悪な行いをそそのかす。なぜなら作用力は物体的なもののみではないからである。

もしそうなら、なぜ人だけが自然から離れて不幸になったり悪を行ったりするのだろうか。

中学受験理科(笑)

天体の運行については、地球の緯度36度経度139度付近に位置する現代の日本人を例にあげると、小学校中学校で学習させられる。進学、テスト、通信表、宿題という型にはめられた憐れな子供達は、深遠な知識をそれらの隠れ蓑で曇らされた状態で素通りする。

これを成すのがダイモーンなのだ。霧のように蒸発する身体に飯を食わせるための進学、就職。それが目的である勉強。目的を達成した後はただひたすら収入を上げることと、飯の確保に一生懸命になって終わる。望みと言えば型どおりの恥ずかしくない葬式を上げてもらうことだ。

まとめ

アウグスティヌス『神の国』第2巻でも異端邪説が扱われている。その中でダイモーンを崇める人々についての批判がある。つまりダイモーンは神々ではなく空中の存在として知られ、人と神々の仲介者だと。これが当時の哲学だったらしい。

ダイモーンについて論じる以上は、これが果たして実際に存在するのかどうかという点は異論の余地がないということになる。いるに決まっているのだ。場所、時間、運動、星座などについて書いてきて最後にダイモーンで終わるわけは、それらが地球の表面の領域の大部分の場所に住んでいるからなのだ。

スポンサーリンク

-哲学

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.