小説

【泉鏡花】「琵琶伝」あらすじ・感想〜許されぬ恋・明治時代のロミオとジュエット

投稿日:

遺言

泉鏡花の短編小説「琵琶伝」は明治29年1月”国民之友”誌にて発表された。当時はまだ親の決めた相手と強制的に結婚させれる風習だったのだろう;お通なる女が従兄弟の謙三郎と好き合っているにも関わらず、親族間にて取り決められたる結納の相手である陸軍尉官・近藤重隆に無理やり嫁がせられる。

結婚初夜、お通は夫の閨に案内されるが「操を守るか」との問いにきっぱりと「破れるものなら破ります」と答える。謙三郎と別れてこちらに嫁いだのも、親族の遺言が頑としてこれを命じているため仕方なくであるという。お通は寝床で遺言書を開いて見せる。

鸚鵡

お通の実家に身寄りもない謙三郎はずっと世話になり通しであった;家の情緒ある書斎の一間に住み込んで、従姉妹の愛娘と親しくなっていった。謙三郎の書斎に白い一羽の鸚鵡が鳥かごに入れられ飼われていた。鸚鵡の名前は琵琶(びわ)といった。

琵琶は謙三郎に仕込まれて、名前を読んだり口笛を吹くと「ツウチャン、ツウチャン」と声を呼ばわるのだった;鸚鵡の声を聞くやお通は物差しや裁縫針を放っぽって、謙三郎の元に馳せ参じる慣わしであった。彼女が嫁に行ってしまい謙三郎は虚しく琵琶の名前を呼んだ。それでも鸚鵡は「ツウチャン、ツウチャン」と鳴く。

脱営者

謙三郎は兵隊に取られることとなり、別れの挨拶を家族と済ませているところであった。部屋で鸚鵡に向かって呼びかけているところへ、叔母が入ってきた。未練が残るからという理由で叔母は琵琶を空に放した。

お通の母親は玄関口まで来ると、せめて一目でも女に顔を見せてから行けと迫った;あれほどお前のことを好いていたのであるからして、もし会わずに死ぬようなことともなればお通とて生きてはおられないだろうと。

もし会いに行けば集合時間に間に合わず、脱営者となり”非国民”扱いになる。謙三郎は最初拒んだが、己も本心は会いたさの一心でついに願いを聞いた。

麻畑

お通は結婚初夜以来夫の陸軍尉官に目を付けられており、一人部屋に押し込められて監視の従者に見張られていた。従者は三原伝来という名で老いていながらも力は女より無論強い。代々尉官に世話になっているため主人が命令は絶対である。

謙三郎は3日前にお通を訪ねてきたが入れてもらえず、さらに探偵が彼を探しにきていて近くの麻畑に隠れていた。もう3日も物も食べず畑の蚊や虻に刺され苦しんでいるだろう;お通は耐えきれず差し入れを持って行こうと夜中に戸を開けようとするが、伝来が見つけて阻む。

伝来

泣いても怒っても絶対に折れない伝来。力尽きて部屋に引っ張られると戸を叩く音がする。「通ちゃん、通ちゃん」とその声は呼ばわる。はたと跳ね起きるも伝来が押しとどめる。戸口では2、3匹の犬までが侵入者に襲いかかっていた。

「一か八かだ、逢わせてやれ」伝来は戸を開けたるが中には入れず、己が喉笛を示して「そんなに好いている者同士なら人一人くらい殺せるだろう。ほら、殺せ!殺せ!俺ぁもう70だ、何の気を使うこともあんめぇ」

「許せ!」と一声、謙三郎は持っていた銃剣で爺の喉を突いて殺した。夫はじめ家の者らが集まってきてひっ捕らえられ、わずか一瞬の逢引と成り果てた。

書斎

お通は精神的病から実家に戻され静養しており、主のいない慎ましやかな純日本風の書斎を綺麗に綺麗に整理していた。謙三郎の写真を机に置き、「お茶を入れましょうか」などと話しかけるのだった。するとどこからともなく「ツウチャン、ツゥチャン」との声がする。

ふらふらと声のする方へさまよい出でると陸軍所轄の墓の辺りへ来た。お通は夫の命令で謙三郎の銃殺刑まで無理やり目撃させられていた。謙三郎の墓もここにある。その真新しい土饅頭にある人影が近寄り、足で蹴って痰をぺっと吐きかけた。夫の重隆だった。

琵琶

お通はこの時修羅のような怒りに囚われ、凄まじい形相にて重隆に駆け寄った;それをみた尉官は「殺される!」と確信したほどであった。猟銃を構えるや女は夫の首へ噛みつき、お通は撃たれ相打ち;血まみれのまま口を拭いもせずふらふらと立ち上がり、「謙さん」と呼ぶと墓の上にばたりと伏した。

月青く、山黒く、白いものがあった。近くの枝に止まり、「ツウチャン、ツウチャン」と2、3度鳴いた。

まとめ

泉鏡花の小説は訳がわからず難易度が非常に高いと前に書いたけれども、前もって”そういうものだ”とわかって覚悟していればそうでもない。ちょうど西洋の人がラテン語を読むような感じだろうか。明治時代の文章はどこか儚く、甘く、ほろ苦い。

万華鏡にも喩えられるだろう鏡花の文章は噛んでも噛んでも味が深く染み渡る魔術の文体。短編でも読み応えがすごくて日本語の素晴らしさに驚かされる、ぜひ挑戦してみてほしい。

●関連記事→泉鏡花【高野聖(こうやひじり)】他短編〜感想・レビュー

◯関連:「ロミオとジュリエット」→シェイクスピア【ロミオとジュリエット】解説・感想〜命を奪う2人の「愛の誓い」

スポンサーリンク

-小説

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.