【ホメロス】「オデュッセイア」紹介〜幻想・冒険譚の原型がここにあり

更新日:

ホメロスは紀元前8世紀頃に存在したと伝聞される、古代ギリシャ詩人。”詩”という言葉は苺みるくキャンディーのような甘ったるい単語となってしまった現代だが、”詩”の持つ本来の魅力、原初にあったであろう意味がホメロスを読むことによって垣間見える。

幾つかの作品が彼のものとして残されているが、中でも「イーリアス」と「オデュッセイア」とは代表的な長編の詩。今回は「オデュッセイア」について紹介する。

詩人ホメロス

まずホメロスなる人物については「歴史」でも知られるヘシオドスの「ホメロス伝」で知ることができる。それによるとホメロスは幼い頃から神童ぶりを発揮していたが、不幸にも視力を失い盲目となってからは浮浪者のように方々を彷徨い歩き、物語を語っては人々を魅了していたことが書かれている。

「イリアス」も「オデュッセイア」も、安住の地を求めて流離う詩人の語り口から生み出された作品で、もともと文字で書かれた書物として成った詩ではないのだ。それらの作品は弟子によって筆写されたか、目が見えないホメロスの手柄を盗もうとした輩によって人々に広められたのである。

作品概要

「オデュッセイア」はトロイア戦争で木馬を考案した権謀術策に優れ、かつ勇敢な戦士だったオデュッセウスの放浪と苦難の物語である。「イーリアス」で描かれたアキレウスとヘクトールの戦いの事後を描いているため、先に「イーリアス」を読んだ方が絶対に面白く読めるだろう。

長いけれどもホメロスの炉端の語り部のような人を惹きつける文体は、決して飽きさせないばかりか素朴ながらも聴くものを捉えて離さない。岩波文庫では小説のように整然と段落分けしてあるので、何の苦もなくすらすらと読める。

あらすじ

ヘシオドス「神統記」に統括されるギリシャ神話がふんだんに取り入れられているが、苦難の英雄オデュッセウスがドラマティックに詳細に描かれる。トロイ戦争後アカイア勢は勝利の帰途についたが、オデュッセウスが率いる船に乗った一団は様々な苦難い遭い、故郷イタケーから遠く引き離されてしまう。

イタケーでは領主はもう死んだものと見做されており、やもめとなった妃に言い寄る求婚者どもは家の財産を食い潰していた。息子テレマコスは女神アテナに促されて父オデュッセウスの消息を訪ねる旅に出る。

一つ目巨人キュクロープスの洞窟で部下を喰われ甚大な被害を受けながらも、オデュッセウスは見事策略によって怪物を倒した。しかしこのキュクロープスはアポローン神の息子であり、神の恨みを買ったオデュッセウス一団は太陽神の愛でる牛を屠った部下のせいで全滅する。

まとめ

アテネの導きでやっと故郷に辿り着いたが、そこでは無法者どもが自分の屋敷を荒らしていた。オデュッセウスは忠実な豚飼と息子テレマコスと力を合わせて、乞食のふりをして屋敷に忍び込み、不意をついて求婚者どもを皆殺しにする。

こうして物語は大団円を迎えるが、オデュッセウスの冒険は見所が多すぎてここに書ききれないのが残念。一つ目巨人だけ抜き出したが、もし冒険を全部紹介するなら5回もののシリーズにしないとダメだろう。それほどこの詩の内容は濃い;一言で言えば”ファンタジー”なのであるが、これほど面白い本は他に類を見ないであろう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オデュッセイア(上) (岩波文庫) [ ホメロス ]
価格:1047円(税込、送料無料) (2018/9/19時点)

楽天で購入

◯「イーリアス」はこちら→ホメロス【イリアス】あらすじ紹介〜英雄アキレウスとヘクトールの闘い

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.