オリジナル 日常 評論

【ダンテの地獄巡り】COVID-19パンデミックに寄せて〜日本編(Japanese Version)

投稿日:

ダンテ

ダンテの『神曲』地獄編で、あたかも呪詛が考え出した壮大な建築のような地獄の構造を皆さんご存知だと思う。すなわち「一切の希望を捨てよ」の門から始まり、ダンテは先達のウェルギリウスに保護されながら下へ、ひたすら下へと降る(決して上にではなく)。

なぜなら悪とは下へ向かう、落ちるものだからだ。そして一段、また一段と降るたびに地獄の峻厳さ・過酷さは増し、苦しみと悲惨は増大する、それとともに恐怖と苦痛も。

地獄の全体像は漏斗の形をした先細りの深い”穴”で、何となれば下方への奥行きとは”深さ”であり、円形の深い拡がりは”穴”だから。このようなところが罪人たちの住処なのだが、これでも最後の審判までの仮の宿に過ぎない。

歴史が終わる時には全死人が各々に裁かれ、永劫に消えることなき火と蛆虫の池に投げ込まれる。これが”第二の死”である。

ダンテ【神曲】「地獄篇」〜まとめのまとめ〜

地獄

地獄では先へ進むたびにもっと悪くなるばかりであり、決して良くはならない。いまの私たちの現状がこれである。

COVID-19のパンデミックにより、1日1日がさも地獄絵図のようである。「いつか、また、良い日がやって来る」と人々は言う。しかし、もし仮に私たちが明るい未来を再び見えることになるとしても、ダンテの詩のように”地獄の底”を通過しなければ無理である。

なぜなら重力の法則に従って一旦始まった下降は、空から落ちる石のように、底にぶち当たらない限り落ち続けるから。だからもう目を覚まして、夢物語を捨て去るべきである。老後資金やローンの返済の計算は得意なのに、こんなこれからの”目先の展開”も読めないのだろうか。

もっと危機感を持って心構えをすべきではないだろうか?出来るなら、武士の晴れ技「切腹」に備えて日々死ぬ覚悟で質素な生活していた、私たちの祖先のように。心構えが出来てないと恥をかき、家と君主の名に泥を塗ることになる。その恥は死んだ後まで残る。

キリスト

コロナウィルスで死ぬ苦しみは肺がんの苦痛に似ているのか。”溺れる”感じという点は同じではないだろうか。酸素が吸えないということは言い換えれば溺死、窒息死と同じことになる。

ただ窒息とか酸素欠乏と聞くとソフトな感じだが、首吊り死体のように身体が青くなる、とか絞殺死体のようになるとか言われると気分が悪いようなものだ。その苦痛があまりに悲惨なため、脳がリアルな想像を回避するかのよう。

同様のことはキリストの十字架刑にも当てはまる。この処刑方法の残酷さと、受刑者が死に到るまでの苦痛を少し医学的に調べるとその恐ろしさにゾッとするほど。詳細はネットなどを見ていただくとする。

病院で親族に囲まれながらモルヒネをたっぷり打ってもらい、朦朧とした意識で死んで、お寺の坊さんに金を支払い葬式をあげてもらえば成仏できる、そのように思っている田舎の老人のような考え方は今となっては通用しない。”底知れない穴”は開かれたのだ。

【太陽】象形文字としての肉眼視覚可能な天空の光る大きな物体

スポンサーリンク

-オリジナル, 日常, 評論

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.