オリジナル 哲学 エッセー

【サイン】予兆について。および上から見る心の露出。さらに視聴覚の原型。宝石。

投稿日:

ユピテル

2020AD.仙台の上空に明け方の早い時間に東の方角を見てみよう。木星(ユピテル)、火星(マルス)、土星(サトゥルヌス)3つの惑星(wandering planets)が木星を先頭に並んでいるのが目視できる。木星はその圧倒的な輝きですぐにわかるが(合に近いのだろうか?手帳がないのでわからない)、火星と土星は同じくらいの赤さ、大きさなのでどっちがどっちかいまいち分からない。

多分、一番遅れているのが土星だと思う。あくまで推測だが。同じく筆者は水星を人生で一度だけ目視出来た。あの時も夜明け、木星を水星だと間違えたっけ。

【天体観測】目視できない唯一の7大惑星「水星」

【天体観測】「水星」の目視確認に成功!(初)

そして南天には筆者の星座、蠍座のアンタレスが堂々と光る(上弦過ぎの月はとうに沈んだ)。

太陽が登り窓を開けて本物の煙草を吸うと、煙の流れから南か東から風が吹いているのが認められる。雀さんたちは無邪気な歌を歌う。

サイン

もともと事実から背を向けている輩はどんなに明らかなサイン(予兆・徴、何と呼ぼうが構わないが)が現れようとも、とぼける。つまり知らないふり、見て見ぬ振りをする。

自分が聖なる形に造られていることや、世界が聖なるものであることをとぼけて知らないように努める。最初からこうであるから、今更変わろうわけがない。

ヨハネ黙示録に出てくるような「死の天使」「死の御使」が、一人一人罪人と判断された人間の額に”死刑”の刻印を入れる。これは獣の刻印に相当する。

原型

”目を設えた者が見えないのだろうか。耳を設えた者が聞こえないだろうか”とは詩篇の言葉だが、そもそも”視力”とは、”聴力”とは、この感覚が何を意味するのか誰が分かろうか。

同じく”宝石”や貴金属は『逃げるアタランテ』でも論じられているように、自然が産出する物だが、河原の小石などと違って真珠、珊瑚、琥珀、瑪瑙や、こちらは金属だが黄金、銀、銅、鉄などは重宝され大事にされ、高額取引される。

これらの宝石や貴金属もまた、目に見える自然界物質界にあり名前が与えられている限りは、その原型がないはずがない。だからヨハネ黙示録の新しいエルサレムの記述が宝石だらけなのは真実性がある。

監視

人は見聞く。人は人から見られ、話したことは、光や空気はもちろんそれのみならず、各々の感覚を通して見聞かれる。三島由紀夫が最も気にした武士道もまた、ここに基底を置く。

軍事利用のドローンや無人機、人工衛星は超人的機能を持ち全世界の人間を監視する。これは凄い事のようだが、これもまた模倣に過ぎない。惑わしの徴である。

残念ながら全てを見ている者が存在する。人は人の目しか気にしていない。人の耳しか気にしていない。さらに人は心の深いところまでは見ることができない。もし見ることができていたら、とっくに筆者は国によって死刑に処せられていたん違いない。

心の深いところまで見る一つの存在がいる。何物もこの存在から隠れることもできず、ごまかすこともできない。人よりも、この存在の目、耳を気にかけるべきである。

【時間】焼肉と脂肪の祭りを齎らす、山のキャンプ場の正四面体

-オリジナル, 哲学, エッセー

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.