エッセー 評論

【モーリシャス】「重油流出事故」ニュースに寄せて思うことなど

投稿日:

ワードプレスのエディターに不具合が出てお見苦しいところもあると思います。ご容赦願います。

wordpress5.5に更新したところまともに動きません。ポンコツです!!すいません<管理人>西暦2020年8月15日。

wifi接続

2020年8月15日作成;

”前夜に乗組員が誕生祝いをやっていて、wifiに接続しようとして島に接近した”このニュースを見た時感じたのは、ケータイを見ながら駅のホームに転落したり、自転車を漕ぎながらスマホを見ていて車とぶつかったりする、いわゆる”終わった人間”のことだった。

海外メディアが座礁原因について一生懸命探っているようであるが、真意のほどはわからないにせよ、もしwifiによる”インターネット”接続を求めて浅瀬に接近したにしても、そもそもの航路が島に打つかるような直線コースを描いていたらしい。

衛星

タイタニックの時代ならまだしも人工衛星がビュンビュン飛んでいる現代でなぜこんな原始人じみたミスを犯さなければならないのか?事故を起こした船を操業する日本の会社は事態の重大さに気づいているのだろうか?

張本人のくせに日本の政府はどこか事の深刻さにいまいち実感がなく、どこか他人事のように思えるのは、この国の位置と周辺環境のせいだろう。ハウス・メーカーはゼロ・エネルギー住宅を売りにセールスを展開する国、省エネルギーと地球の未来に考慮する国を気取っている日本。

その日本人は本当は自然環境のことなど何とも思っていないのだ、という本性を世界に表したと言えよう。

スマホ

ちょっと待ってもらいたい。確かにアイフォン4を手にした時、筆者はすごい物を持ったと思ったし、imacを買った時は人類はすごい時代に突入したと感じた。だがそれはもう10年近く前の話。

現状を見ればわかるように新製品はカメラの性能が上がったり処理速度が上がったり画面が大きく綺麗になったりといった進化しかしなくなっている。これに対しスマホを持つことによる人類の劣化退化現象の方が目立ってきてもいる。

ここでいい加減に気付かなくてはならないのは、インターネットは過去の産物になりつつあるということである。

地磁気

エディタ不調なのでズバリ。人工衛星は太陽からの風を受けると使い物にならない。モーリシャス島は南太西洋磁気異常帯にあるので、こういうことが起きてしまったという可能性もある。

画像を貼りたいができない(笑)詳細はESA SWARM で検索を。すなわちその一帯は2018年時点ですでに地磁気が弱まっている地帯であり、地磁気の弱い上空は人工衛星がまともに働かないのである。嘘だと思うならば、アランナ・ミッチェルさんの分かりやすい本を読んでもらいたい。

エディタ不具合のためリンク等一切貼れません(笑)。

まとめ

ついでに言えば人類の火星旅行なんてできるわけがない。宇宙に人類は到達した、そうみんな思っているがそうではない。人類は地球の上空にしか到達していない。プールサイドに手をかけて泳いでいるのに、海の沖に出た気になっている。その手を離せばたちどころに生身の人間は死ぬ。

地磁気が守っていなければ基本的に宇宙で生きることはできない。またプラズマである太陽も星も放射線を出しており、全自然には電磁気力が働いている。つまりどこにも人間が逃げられる場所はないのだ。

ひどい出来になってしまったが申し訳ない。このままインターネットがダメになるかもしれないとしても悔いはない。

-エッセー, 評論

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.