エッセー

【人類滅亡】ノストラダムスの大予言後の粕の世界;日々是世普遍存続笑

投稿日:

前の記事でノストラダムスの話になったから、その流れで今回人類の滅亡について少し真面目に考えてみよう。

人類滅亡イコール歴史の終わりであるが、歴史について学識がないので云々するつもりはない。この記事の主題は誰も考えようとしない見ようとしない、奇矯な角度から考えることにあり、あるいはそのような角度を見つけることにある。

対話1

まずソクラテスぽくイエス・オア・ノーで対話を進める;そして答え方はデカルトぽくシンプルに。

ソクラテス(以下ソ):人類滅亡とは何ですか。

ティマイオス(以下テ):人間が全員、しかも一度に死ぬことです。

ソ:まあいいでしょう、それは起こるのですか。もしないとすれば人類、歴史、文明は不滅になりますが。

テ:起こると思います。我々の世界は物質で出来ています。物質は変化を免れませんから、いつか必ず消滅します。

ソ:アメリカ映画では地球脱出とか宇宙ステーション移住とか、ヒーローが何回も滅亡危機を救ってるので、それは起きないのではありませんか。

テ:それこそあり得ない夢です。どこに実際にスパイダーマンやアイアンマンがいますか、どこにイーサン・ハントがいますか(笑)。どこから宇宙基地を作る物質を持ってくるのですか。そんな元素は現実にありません。

ソ:かつては月面着陸も人工衛星も小説の夢物語からスタートし、実際に達成したではありませんか。だからあれらの映画は少しは信用できるのではないですか、かすかな希望を残すくらいは。

テ:過去がそうだったから未来もそうだろうという考えは甘いです。

対話2

ソ:では滅亡があるとして、それはいつですか。

テ:わかりません。しかし確かなのは、人類はそれが起こるのはずっと先だと考えているということです。つまり自分が死んだ後どころか、何世代も、何十世代も後だと。彼らは漠然と消滅を自覚していますが、それを体現するのは後の世代だと考えているので、全く恐怖を覚えていません。彼らは言葉を日々発していますが、これらの言葉によって彼らの考えは明らかです。

ソ:最後に滅亡が起こるとするならばどのようにして起こるのでしょうか。

テ:時系列的に先のことでなく、今すぐにでも起こり得る起因として核兵器というものがあります。この爆弾が先進国の都市に1発落ちるだけで、容易に人類滅亡が開始します。爆弾の炸裂と気象に及ぼす悪影響と人々に及ぶ精神的不安が、人為的大災害の連鎖を引き起こします。また、そうでなくとも危うい大気圏が大量の核兵器の炸裂によりボロボロになると考えられます。すると何百年先と思っていた環境破壊が瞬時にして現実になります。このようにして火による滅亡が訪れるでしょう。

ソクラテスはあっけにとられて答えを聞いていた。腕を組んで、深いため息をついて言った;

「ティマイオス、君は人類を憎んでいるようには見えない。彼らは君の同類であるから、仮に彼らが滅亡するとしても、その時は君も彼らの運命に付き合わなくてはならないよ」

ティマイオスはかすかな微笑みを浮かべると、ハゲ頭の哲学者に背を向けた。足取りも軽くこれから公共浴場へ向かうのだ。彼は高級な銭湯で寛ぎながらこの対話を愚直な牛の如くに反芻するだろう。

『海底二万里』ジュール・ヴェルヌ:海底のイメージとマンディアルグ作品の関係

スポンサーリンク

-エッセー

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.