映画

スターウォーズ【最後のジェダイ】ネタバレ記事(閲覧注意)最新レビューと感想

更新日:

こちらは最新スターウォーズシリーズ8作目「最後のジェダイ」のレビュー&ネタバレ記事である。映画館で夢中になって観たい方やストーリーに衝撃を受けたい方は絶対に読まないでください。

ついに公開

本日12月15日正式劇場公開なので近場のシネコンの朝一発目の上映を鑑賞してきたところである。正直言って出かけようかどうかと迷っていた。というのは前作「フォースの覚醒」があまりにもクソだったためである。筆者と同意見の方は大勢いらっしゃると思う。でも「最後のジェダイ」「感想」で検索して海外の先行レビューなどで出てきた感じだと悪くはないようだったから観ることにした。いざ観るとなれば初日の初回一発目である。そこはスターウォーズ・オタクとしては当然であろう。

感想

結論から言えば最高に良い。楽しい。面白い。これこそがスターウォーズといった感じ。「ローグ・ワン」はやたらとシリアスにリアリティを追求しすぎているし、ジョージ・ルーカスの第2三部作(エピソード1〜3)はユーモアのセンスがなく、やたらとアナキンのダークサイド堕ちの過程ばかりが強調されている。今回のエピソード8ではエピソード7のクソな部分を破壊しつつ、本来のユーモアを豊かに表現することに成功した。何よりルーク役のマーク・ハミルの登場シーンが格段に多いのが素晴らしい。比率で言えばエピソード4「新たなる希望」のオビ・ワン・ケノービぐらい出ている。

監督も事前に調べた時ライアン・ジョンソンと知り、どうせごく平凡な映画で眠くなるのを覚悟していたのに、見事に楽しませてもらった。プラダを着た悪魔のメリル・ストリープのセリフにあるように「良い意味で期待を裏切る」映画に出来上がった。

◯ローグ・ワンについてはこちら→【ローグ・ワン】DVDレンタル開始〜スターウォーズ・スピンオフ映画の持つ意味

ネタバレ(閲覧注意)

ではお待ちかねネタバレ記事に入ろう。まず最後のジェダイはルークではない。レイである。レイはルークが隠居していた島で教えを学び、最後には巨大な岩石群も動かせるほどのフォースを得る。またレイア姫はカイロ・レンによって殺されはしない。前作からの流れだと今回母親も殺してさらに暗黒面の力を得るかのように思われるがそうではない。レイアの乗っている宇宙船の操縦室に、レンは攻撃できなかった。しかし別の敵方が攻撃し、レイアは宇宙に吹き飛ばされる。

ここでレイアは死んだかと思うが、スーパーマンのように宇宙空間を移動してフォースを使って自力で母艦に戻るのだ。信じられるだろうか。嘘ではない。また前作で私たちまともな観客が変だと思ったこと、くだらないと思った要素を脚本は全て破壊している。すなわち馬鹿でかい椅子に座ったスノーク。何あれ、ロード・オブ・ザ・リングかハリー・ポッターの悪役みたいな。今作でカイロ・レンがあっさりスノークを殺してくれる。またレンのヘルメット。ダース・ベイダーのように必要があって被っているのではない。あれも冒頭にぶっ壊され、レンはメットなしで活躍する。ちゃんと「なんで初めてライト・セーバーを持った小娘に負けたのか」「そのガキのお遊びみたいなヘルメットは何だ」とスノークに怒られる。前作のラストバトルは筋の合わない変竹林なシーンだった。

レイの親は名もない底辺で単純に子供を売っぱらってジャクーに見捨てたということになっている。従って特にジェダイの親を持つかどうかはまだわからない。それとファースト・オーダーの戦艦のシールドを破る悪徳ハッカーとして、汚れ役で有名なベネチオ・デル・トロが出る。彼が出演するなんて全く知らなかったからマジでびびった。

生き物たち

スター・ウォーズ・シリーズでよく登場する不思議な生き物も今回の作品中に何種類か出てくるが、最も成功したと言える。どれも可愛いくて、抱きしめたくなる。BB-8の動きも可愛い。その演出は今までのスターウォーズとはどこか違っていて、人間の子供やペットに動きを似せてCGを作ったのかもしれない。実際、ジャージャー・ビンクスとか何のために創造したのかと思うくらいウザい。それに対しチューバッカの隣にいて鳴き声をあげる鳥とペンギンが混ざったような生き物は何の役にも立っておらず、ただ可愛いだけなのである。こいつらはルークの島でチューバッカが餌をやったら船の中までついてきてしまったのだろう。野良猫に餌をやると懐くのと同じである。

転送

最後にもうひとつ、ジェダイの奥義とも言える「ワープ」についてである。転送と言うべきか。死後も実体として現れたり、突然消えたりするアレである。今回ルークはR2-D2の説得でレイアたちの元へ助けに馳せ参じるが、実際は島にいて瞑想しており、レジスタンスが脱出するまで時間稼ぎとしてカイロ・レンと闘う。実体がないためウォーカーが砲弾の集中放火を浴びせてもライトセーバーで突き刺しても死なない。多大なエネルギーを放出したためルークは倒れ、二つの太陽が沈む夕日を眺めながら逝くのだった。

ヨーダ

おまけ:今作ではみんな大好きマスター・ヨーダも現れる。だがエピ1〜3のようなキリリとした不自然なヨーダではなく、「帝国の逆襲」の時の人形劇のようなヨーダである。こちらも可愛らしい。マーク・ハミルの役柄が旧三部作のようにピリッとしていて非常に小気味良い。ファースト・オーダーの軍団の前にたった一人で出る時にC3-POにウィンクしたり、レイアとの再会やヨーダとの絡み方など、J・Jエイブライムスの懐古主義の前作とは違い、本当の意味で旧作品をリスペクトした出来だと言える。

◯スターウォーズ関連記事はこちら→映画【スターウォーズ】エピソード1〜6も観よう

スポンサーリンク

-映画

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.