【悪の華】ボードレールの悪魔についての論考

投稿日:

「読者に」「破壊」

まずはこの記事を始める前に以下の詩の引用を;

Serré, fourmillant, comme un million d' helminthes,  Dans nos cerveaux ribote un people de Démons,

Et, quand nous respirons, la Mort dans nos poumons   Descend, fleuve invisible, avec de sourdes plaintes.

(数限りなき回虫の犇めき合いて凝るごとく 悪魔の群は我らの脳髄中に暴飲乱舞し を吸いては吐くごとに、目にこそ見えねの大河、鈍き呻きの音立てて、我らのを下り行く。『読者に』鈴木信太朗氏訳)

Sans cesse à mes côtés s'agite le Demon; Il nage autour de moi comme un air impalpable;

Je l'avale et le sens qui brûle mon poumon Et l'emplit d'un désir éternel et coupable.

(絶え間なく 悪魔が俺の傍で 騒ぎ立てる。触知されない空気のように 俺の周囲に浮遊している。俺がそれを飲み込むと、肺臓は焼けただれ 永遠に罪業深い欲望で満たされるように感じる。『破壊』同氏訳)

悪魔と人体

上の引用文中特に注意を促したい箇所に色を付けておいた;我々の脳内の思考には多くの偽りと雑念が溢れており、透き通った思念とか真理はほとんど訪れない。好きだ、嫌いだ、やりたい、やりたくない、食いたい、飲みたい。

このような愚かな声が馬鹿騒ぎを演じている。この状態を脳髄中の「悪魔」と捉えた。そしてミルトンの『失楽園』で無敵の存在として擬人化されている「死」は、空気という元素に充満するものとして。

空気は人が呼吸するために肺臓に取り込む気体である。『破壊』では引き続いて「悪魔」が空気中に存在するものとされ、呼吸すると有害な作用を身体に及ぼす。

人体の科学的な解剖図には脳細胞の中に「悪魔」が住んでいるとは書かれていないし、肺の中の空気に「死」や「悪魔」が入っているとも書かれておらず、脳に送られるのは血液であり肺が送り出すのは酸素である。

空気、肺、血液、脳

かように悪魔は人を欺き身を隠し、悠々と人間を操る。事実が書いてあるのはミルトン『失楽園』である。この詩には悪魔の性質や特技とか、悪魔特有の心情が暴露されている。

例えば悪魔は細胞よりも小さくなったり突如として巨大に変身したりできる;であるから「数限りなき回虫の犇めき合いて凝るごとく 悪魔の群は我らの脳髄中に暴飲乱舞し」することもできる、というわけだ。

またボードレールの記述から、詩人は悪魔を空気中に存在するものとして感覚していることが言える。従って悪魔は空気を介して肺から人間の身体に入り込み、血管を通って人体の司令塔である脳髄に侵入・これを支配するという手順になる。

残念ながら現代医学および科学はここまでは教えてくれない。その代わり人口心臓を開発したり先進的ながん手術を考案して、何を目的としてか寿命を1秒でも伸ばそうと励むのである。

●参考→ジョン・ミルトン【失楽園】レビュー〜サタンの失墜と人間が楽園に戻るまで(1)

ボードレール【悪の華】まとめ記事〜作品レビュー集

●おすすめ→アウグスティヌス【神の国】第二巻〜空中を浮遊するダイモーンらについて

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.