シェイクスピア【オセロー】あらすじ・感想〜妻の身体への愛着が地獄の嫉妬を生む

更新日:

作品概要

シェイクスピアの悲劇「オセロー」には亡霊や魔術が出てこない。その代わり悪魔が乗り移ったかのような悪者が登場し、地獄の妄想に育てられた激しい感情の動きが描かれる。悲劇・喜劇はハッピー・エンドか否かで分けられるみたいだが、そこはあまり気にせず気楽に読んでみてほしい。

要はシェイクスピアの時代は”エリザベス朝演劇”と呼ばれる劇場形式だったこと、戯曲は悲劇・喜劇に関わらず面白ければ良いのだということさえわかってれば。でないと悲劇は最後に悲しい気持ちになるものなんだという思い込みができてしまう。

白黒の丸い石を並べるオセロという盤ゲームがあるが、それとは何の関係もない(笑)。オセローは北アフリカの国ムーア人の武将で主人公。黒人である。1995年の映画化では若い頃のほっそりしたローレンス・フィッシュバーンが演じているようである。

あらすじ

物語の舞台はイタリアは水の都ヴェニス。ムーア人はどことなくヴェニス人から見下されており、戦士として申し分のないオセローが美しく若いデズデモーナを娶った時も、父親に猛反対された。あらかた媚薬を盛ったに違いなかろうと邪推されるが、二人が真実の愛を告白すると父親は諦めて引き下がった。

ここに悪魔のような欺きの使者、オセローの旗手であるイアーゴーが割って入る。この男は自分の妻がオセローに貫通されたと思い込んでいた。イアーゴーの妻はデズデモーナの侍女を勤めていたからだ。その仕返しに四方八方へ嘘八百をばら撒き争いを引き起こす。

挙句に至ってはオセローの忠実な妻デズデモーナが、彼の副官キャシオーと不義密通したと信じ込ませた。ムーア人としての劣等感を焚き付け、美しい妻がオセローより若い同年代の白人に気が移ったと。そしてイアーゴーはデズデモーナが落としたハンカチを手に入れる。

呪いのハンカチ

このアイテムがオセローを破滅させる呪いとなる。彼の妻への初めての贈り物で、エジプトのまじない師からもらった貴重な布織物だったからだ。イアーゴーはハンカチをキャシオーにわざと拾わせ、オセローにはそれが姦淫の証拠だと吹き込んだ。

様々なありもしない嫉妬がオセローを狂わせていく。キァシオーはイアーゴーの悪巧みにより闇夜に刺殺された。殺意にまで高まった嫉妬の念から、オセローはベッドで妻の首を締めて殺した。最後にイアーゴーの悪事が明るみになり、事実を知ったオセローは自らの刀で己を刺し、妻の死体に覆いかぶさる。

ハンス・ザッカ作画

嫉妬について

特定の恋人に身も世もなく執着したことのある人なら誰でも知っているだろう、「嫉妬」の感情。嫉妬は好きな相手を所有する前よりも、相手と肉体的にも結ばれた後の方が大きい。他の誰かが自分と同じような快楽を味わっているのではないか。自分はもう飽きられて捨てられ、もう欲望を満たすことができなくなるのではないか。

そう思い込んでますます悶え苦しむ。ありもしないことまで考え、妄想と煩悩の虜となる。この作品ではイアーゴーはあたかも人を欺く悪魔の化身、オセローは美しい新妻の魅力に取り憑かれた欲望の奴隷として表現されている。あまり難しく考えず、誰もが持っている「嫉妬」というものについて、とことん掘り下げた名作と言える。

<アマゾン販売サイトリンク↓>

◯シェイクスピアのその他の記事はこちら→シェイクスピア【ロミオとジュリエット】あらすじ、劇場形式など〜解説と感想

シェイクスピア【マクベス】あらすじと名言集を紹介・感想

シェイクスピア【ハムレット】わかりやすく解説

●まとめ記事→【シェイクスピア】作品・まとめ記事〜感想・あらすじ集

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.