ホメロス【イリアス】あらすじ紹介〜英雄アキレウスとヘクトールの闘い

更新日:

ホメロス(紀元前8世紀頃)はギリシャが生んだ超古代の詩人;「イリアス」「オデュッセイア」の作者として知られる。盲目であったとされ、長い間その物語は口伝で受け継がれていた。

「詩」というものの本来の姿、形がここにある。代表作「イリアス」について述べる。

◯「オデュッセイア」はこちら→【ホメロス】「オデュッセイア」紹介〜幻想と冒険の詩の原型がここにある

文体

岩波文庫の学者様が編纂・翻訳したテキストは、行を読み安くつなぎ合わせた小説のような形式となっている。文体も古代人らしく至ってシンプル、長いが子供の頃聞かされた英雄たちの寝物語のように、すらすらと読むことができる。

ただ戦闘の繰り返しが続くので気長に構えて、飽きずに焦らず読破することを勧める。

物語

”イリアス”とはトロイの一帯地方の都市の呼び名。すなわち”アキレス腱”の身体部位にもなっているトロイ戦争の神話的英雄アキレウスと、イリアスのこれまた剛勇ヘクトールとの戦いを描いたもの。この詩は主に二人の英雄を讃える内容となっている。

ブラッド・ピット主演の映画「トロイ」を観ると入って行きやすい。ホメロスと「トロイ」では映画の方がアレンジを加えられていて歴史の筋に相違があるが、活字の長編物語をイメージするのに助けとなるだろう。

<アマゾン動画視聴リンク↓>

あらすじ

映画「トロイ」はブラッド・ピットが不滅の名声のためにトロイ戦争に船出するところから始まり、やがてオデュッセウスの考えた”トロイの木馬”作戦で難攻不落の城を攻め落とすまでが描かれる。ホメロスの「イリアス」はアキレウスが総大将アガメムノンから、戦利品の女ブリセイスを取り上げられて怒るところから始まる。

相当に気に入っていて妻にしようと思っていた程の女だったから、権力に物言わせて乱暴な失礼な振る舞いをしたアガメムノンに対し、アキレウスは容易に静まることなき怒りを持って応える。アキレウスは戦線から退き、かくてアカイア勢は苦境に立たされる。

トロイ側の英雄ヘクトールは鬼神のごとき働きでアカイア勢を討ち倒し、誰もそれを止めることができない。敵はついに浜に繋いだ船団に火をつけるばかりに迫った。

パトロクロス

アキレウスは相変わらずふてくされていたが、味方があまりに憐れだったので一番の戦友であり親友の、パトロクロスと自分の兵隊を送り出す;映画でパトロクロスはブラッド・ピットの舎弟のように描かれているが、詩の方では年長者・従士として登場する。

パトロクロスはアキレウスの武具を借りてむちゃくちゃ強く、味方は敵の城を落とさんばかりに思われた。しかしアキレウスが敵を退却させたらすぐ戻ってこい、私なしで深入りはするなと命じていたのに、パトロクロスはそれを忘れた。

ヘクトール

敵の大将ヘクトールは神々の援助を得てパトロクロスを殺し、アキレウスの武具を奪った。両軍が彼の死骸を巡って凄まじい攻防を繰り広げるが、親友の死を知ったアキレウスが武具も付けず濠の上に姿を現しただけで敵は怯んだ。

その隙にパトロクロスの遺骸は陣地に運び込まれた。親友の体の血を拭き、アガメムノンと和解しついに英雄アキレウスは出陣を決める。鍛治の神ヘーパイストスが作った新しい大楯と武具を身につけ、神々から授かった不死の馬で駆け回り、トロイ勢をバタバタとなぎ倒す。

アキレウス

憎い敵のヘクトールを城側に追い詰めると、彼を追いかけて城の周りを3周した。それほどにアキレウスの姿は恐ろしかった。ついに一騎打ちとなるが、彼以外誰も扱うことのできないトネリコの槍でヘクトールは刺されて死んだ。

アキレウスは戦車に繋いで死骸を引き摺り回して陵辱し、敵へ見せしめとした。そのまま陣地へ引っ張っていき、パトロクロスの葬儀を行った。

プリアモス

夜ヘクトールの父王のプリアモスがまともな護衛も付けず、身代を携えてアキレウスの陣営へ訪れた。ヘルメイアス神が付き添って無事送り届けたのだ。父王の勇気に感嘆しアキレウスはヘクトールの死体を渡した。そして12日間は喪に服して攻撃しない旨を誓った。

ここで「イリアス」は終わるが、映画だとトロイの木馬とアキレウスがパリスに踵を矢で射られて死ぬところまでである。

まとめ

バタバタと塵芥のように冥府の館へ旅立っていく英雄たち、彼らを見守りながら時に妨げ、時に助ける不死の神々たち。ゼウスをはじめとするオリュンポスの神々は、ギリシャ語で哲学者らが”エネルゲイア”と名付ける作用力を現している。

アリストテレスが何と言おうと、ホメロスでは馬が人語を喋り予言するし、アキレウスの大楯は月光のように燃えさかるのである。ホメロスを読むとプラトンの説く”敬虔”すなわち神々を敬うこととは何なのか、わかるような気がする。

<アマゾン販売リンク↓>

◯プラトンまとめ→哲学者【プラトン】対話編〜レビュー・解説まとめ

◯アリストテレス→【アリストテレス】哲学:ばっさり解説〜天動説と宇宙論

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.