エッセー

北朝鮮ミサイル脅威と三島由紀夫最後の演説動画

更新日:

北朝鮮情勢

北朝鮮国家による弾道ミサイル発射の脅威が現在も続いている。なぜそれを知っているかというとテレビのニュースで聞いたりネットに情報が上がっているためだ。この3次元が神が作り上げたヴァーチャル・ワールドに過ぎないとしても、北朝鮮という国があることや、大日本帝国という国があったことや、歴史の教科書とか学説によれば人類が過去今までこの世界で行ってきた行為があった、ということは周知の事実であって否定はできないのである。

日本のニュース

日本のテレビが放送するニュースは政府が日報とか内政で行った手続きの虚偽だとかが多い。昭和45年に自衛隊の基地で切腹した三島由紀夫の特集でもすればいいのに、と思うのはおかしいだろうか。ニュースというものは思考停止しているように感じる。ただ情報に流されて情報を流しているだけのような気がする。

ストラテジーゲームですら、敵チームを欺くために嘘の情報を流す。スポーツでさえフェイントという基礎的な技があって、そうすると見せかけて逆の対応をして敵チームを欺くではないか。ましてや戦争状態での敵の流す情報を信じてどうするのであろうか。笑ってしまう。

政府の対応

北朝鮮がグアムに向けてミサイル発射計画を立てていて、それが日本国3箇所の都市上空を通過すると発表したので、そこに迎撃ミサイル装備を配置するなんて。何もしないと政府が文句を言われるからやってるだけにしか感じないのだけれども。なにかこう、思考停止すぎて悲しくなってくる。

結局政府の断じて容認できない、とか極めて遺憾とか、実は日本の軍事力は強大であり憲法がその行使を禁じているが、本気を出せば恐ろしく強いんだみたいなハッタリ。殴り合いもしたことがない坊ちゃんたちの威嚇の応酬である。

三島由紀夫の理想

三島由紀夫が肯定した日本人の姿・あり方とは武士である。神風である。あのような日本人はどこに消えてしまったのだろうか。憲法が日本人を骨抜きのオカマ、MOBAゲームでいうところのPUSSY(腰抜け・臆病者)にしてしまった。あからさまな諸外国の度重なる挑発に対して、またそれらの報道を耳で聞いているにもかかわらず、せいぜい2チャンネルでワロタだの、チャーハンだの匿名でブツブツ書き込んでるだけである。

三島由紀夫最後の演説:動画

準備

ではどうすればいいのか。どう思考し語ればいいのか。私が偉そうなことを喋る権利はない。

かつて夢だと言われていたことが現実世界に忍び寄っている。小説なら現実世界が弾けて裂け目から非現実がなだれ込んでくる。自分の思い通りにできるのは自分の思考だけであるから、夢が現実となっても大丈夫なように思考を整える、できるのはこれだけだ。

スポンサーリンク

-エッセー

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.