日常

【年越しそば】「年越しパスタ」の作り方〜ダイエット中の方向け2019

投稿日:

さて2018年ももうわずか、というかほぼ終了である。ク○みたいなテレビ番組を観るのも自由だが、気ままに有意義な”ネット”というもののもたらす情報を漁ってみるのも良いではないか;

今回は筆者自ら開発した「年越し蕎麦」ならぬ「年越しパスタ」、しかもダイエット中の方向けのレシピ・メニューである。

飲み物

最初に断言するとダイエット中にパスタを食べるなんてありえないのである;ところが食べたい、しかも年越しにパスタを食べたい、となると選択肢は”ボンゴレ”しかない。しかしボンゴレはご存知のようにとても美味しく、タバスコをたっぷりかけると赤ワインなどに合うたまらない食事となる。

ワインは白でも赤でもいいが個人的には赤をお勧めする;リーズナブルで美味いワインはセブンイレブンの”アンデス・キーパー”である。筆者はこのワインを買うのでしか、セブンにはあまり行かないが。

ワインはカロリーも比較的低くダイエット中に飲むのならワイン一択と言っても過言ではないだろう。話がお酒にそれた 😎 

ボンゴレ

さあボンゴレ・ソースを手作りなんてやってられないからスーパーで100円〜200円のパスタ・ソースあるいは缶詰を購入する。大きめの器にソースを開けて電子レンジで温める(そのままでも良いが、明らかに温めた方が美味しいと思う)準備をする。

もし冷蔵庫に野菜があれば継ぎ足そう;スライス・チーズをぶっこんで(ここはカロリーなんか気にせずに)一緒に温めればトロトロのボンゴレ・ソースが出来上がる。

もちろん時間を無駄にしないためにこの間パスタを茹でていることは言うまでもない;パスタが茹で上がったならレンジから取り出したソースの入った器に容赦無くパスタをぶっ込む。最後に仕上げとして正月らしく親戚からもらったイクラを気前よく載せる(親戚からもらってない方はイクラ無しで)。

まとめ

タバスコをお好みにふりかけて召し上がれ;年越しパスタ、ダイエット・バージョン。カロリーは感覚的に見積もってパスタ100グラムなら550kcal、200なら800kcalとみた;300gはダイエット中はやってはいけない。それは外道である、どうぞ太ってくれ。

太陽が自転するのに24時間で1日、さらに約365日かけて太陽の周りを一周するのが1年;これは小学校「理科」で習った。だが私たちは知ってもいないことを知った気になっていることを忘れてはならない。学力テストで点を取ることが知識の目的ではないのだから。

広告🔽

●関連→【ダイエット】メニューと食事制限〜「1ヶ月」で私が10キロ痩せた方法・成功後のリバウンド対策

スポンサーリンク

-日常

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.