日常

【麺屋奏(めんやかなで)】再度「豚そば」直球批評〜ジロリアンなら食すべし!

投稿日:

いつも「豚そば」

だいぶ久しぶりに大崎市古川台町にある二郎インスパイア系のらーめん屋さん「麺屋奏」さんにおじゃましてきた;食べるのはいつも「豚そば」である。上の写真は少し左にずれてしまっているが、今回はブログにあげるつもりはなく食べることに集中したかったためである。

他の画像もないがその代わり上の写真は元の解像度のままあげておいた;だがこちらのお店の「豚そば」を食べると、感心と賞賛の言葉が自然と溢れ出てきてしまうのでここに再度直球レビューさせていただくこととなった。

●前の記事→【麺屋奏(かなで)】「豚そば」を食べてきた〜二郎インスパイア店レビュー

【麺屋奏(かなで)】大崎市古川の二郎インスパイア系「豚そば」直球レビュー

常にバージョンアップ

来店が久しぶりになったわけはやはりタイミングが合わないということである。大抵は昼時駐車場がふさがったりなどしている。しかし回転率をあげて駐車場の問題を解消したのか、今日はさくっと駐められた。

回転率と言ったのは前より作業が早く要領よくなっているような気がしたからである。かといって調理や接客をおろそかにするわけではなく、むしろ向上している。そう、このお店は常に向上(味・接客ともに)していると来店するたびに感じさせられる。

そうしながら筆者は他店に行って食べたり麺屋奏さんのアカウントもツイートしていた、セブン・イレブンの豚ラーメンを毎日食ったりしていたのだ。しかしやはり本家本元の「豚そば」は違った;最初の一口で思ったのは「美味すぎる」である。

そして味覚の奴隷と化しながら「マジで美味え。やべ何これ。スープもうっめえ〜。うわチャーシューめっちゃ美味え。」と人間の思考とは呼べない言語を心の中で発しながらいただく。

ニンニクは入れますか

昔のジロリアンである筆者は他にも美味しそうなメニューが多数開発・提供されているにもかかわらず、必ず「豚そば」醤油味を食べる。トッピングなしで通常のコールは”ニンニク野菜アブラ”。ここのアブラは二郎のようにグロテスクでないから一度お願いしてみてはいかが。

ダイエット中なので250グラムは食べきれないだろうと考え200グラムとし、”ニンニクは入れますか”との問いに大人しく”はい”とだけ答えた。麺の種類は極太麺をお願いした。ニンニクましまし、などと言わなくても、ヤサイマシと言わなくても、決してお客を失望させない二郎系ラーメンが出された。

200グラムで正解だった。150グラムも選べるがこちらは女性用か。久しぶりに「豚そば」を食べながら他店で味わった失望などを思い出しつつ、丼の中に弱点を探したが、あまりにも完璧なため見つからなかった。

まさに”隙のない二郎系ラーメン”がここにあった。二郎のように30分も並ぶこともなく、古川でこの味が味わえるとはなんと恵まれていることだろう。出店当時は物珍しい”二郎インスパイア”という感じだったが、すでに麺屋奏様は匠の域にさしかかった。

あとを曳く満足感

筆者は別に贔屓で書いているのではない;自分で食べて思ったことをそのまま書いているだけである。はや夕暮れだがこの上ない満足感が続いている。もう一日何も食べなくて良いくらいに。

いらっしゃいませ、ありがとうございましたの声かけがとても爽やかで、旨いラーメン屋さんにありがちな恐い雰囲気は全くない。また豚そばを提供する前に野菜を茹でるタイミングと時間を唱えていらしった。そこまでやるかと思わされた。そして野菜はシャキシャキで本当に美味しかった。

🍜ごちそうさまです。またタイミングが合えばおじゃまします🍜

●おすすめ記事→宮城県北 ラーメンレビューまとめ2017-2019

スポンサーリンク

-日常

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.