日常

【グーグルアドセンス審査】通過のためにやったこと(付録:AMAZONアソシエイト簡単突破法)

更新日:

1ヶ月目で初挑戦

何もわからないド素人の私がサーバーとドメインをレンタルして、ワードプレスをサーバーにインストールしてブログを始めたのが2017年4月だった。元カノとノラ・ジョーンズのライブを仙台で観た翌日からである。その1ヶ月後の5月10日、私はグーグル・アドセンスの審査を申請した。審査のために私にあった知識は、画像やリンクは外すこと、独自ドメインを持ってないと審査自体されないこと、記事が30記事くらいあること、記事は800文字前後とすること、そのくらいだった。その少しばかりの知識はネットではなく書籍から得たものである。その本の名前は「完全ひとりビジネスを始めるための本」だった。

完全ひとりビジネスを始めるための本 自宅にこもったまま安定して稼ぎたい!

なぜ開始1ヶ月後に申請したかと言うと、グーグルアドセンスの審査は2ヶ月くらいかかると聞いていたからだ。つまりブログ開始3ヶ月後から広告を貼ろうと考えていた。また一日1記事書いてたので審査の時点で800文字以上の記事が30あった。

結果:瞬速でOUT。

とりあえず撃沈

はぁぁぁ?一体何がいけないんだよと、グーグルから送られてきたメールを一読した。「不十分なコンテンツ」というあれである。読んで見るとアルコールやタバコ絡みのコンテンツはダメと書いてあったから、ビールと禁煙の記事を削除してその日のうちにもう一回申請した。あとでわかったが禁煙の記事については可らしいが、コワイのでタバコの記事はいまだ書いていない。

結果:瞬速でOUT。

持っていた本と話が違うじゃねぇかこれと思いながら、グーグル・アドセンスで落ちた人たちの記事をネットで見て、自己サイトにグローバルメニューを設置してお問い合わせ、サイト紹介、プライバシー・ポリシーを作って公開した。これが5月11日、そして懲りずに再申請した。

結果:瞬速でOUT。

気合いが入る

この辺りからグーグル・アドセンス審査は半端じゃないと思い始める。調べたら6ヶ月かかった人もいたし、審査基準はとんでもないスピードで変化してるのがわかった。そこで記事は最低1000文字以上という情報を見たので、さしあたり1記事目から200文字ずつ追加して書き直し、かつそれ以降は1000文字以上をノルマとして書いている。今回私がこの記事を一生懸命書くのは、同じような体験をした人たちの情報のおかげで私も審査を通ることができたので、その恩返しでもある。5月12日に全ての記事を1000文字以上に書き直したので再び申請、数時間で撃沈。

そこで私はロールプレイング・ゲームのボス戦に挑むかのように気合いが入り始め、↓の内容を熟読し全て実行した。

AdSenseヘルプフォーラム:審査に合格する為のサイトの作成方法と再審査の注意事項

むろんド素人の私にはさっぱりわからなかったが、本はうっちゃっておいてひたすらネットに頼って作業を進めた。数あるサイトでも「バズ部」様にはどれくらい助けられたかわからない。ここからやったことで主なものは

  • htmlとxmlサイトマップを作成してxmlはグーグルに送信
  • 著作権フリーの画像を記事ごとに設置(アイキャッチ等)
  • 内部リンクをできるだけ作成
  • 関連記事プラグイン導入
  • hタグの見出しを記事内で設置
  • ページ表示速度を測定しプラグインで最適化
  • 全ての記事のパーマリンクをアルファベットに変更
  • 全ての記事をカテゴリー分け
  • 一つのカテゴリーにつき記事3つ以上
  • SEOメタディスクリプション

といったところである。

上記の作業がへべれけになりながらも終わったので5月18日に再申請したが、数時間で撃沈。

何かがおかしい

さすがにこれはおかしいと思い始めた。これだけ労力を費やして2〜3時間で落とされるのは何か根本的な問題でもあるのではないかと思った。そこで私は自分のサイトのURLがexemple.com/wordpressという形になっているのがいけないのではないかと考えた。このURLはワードプレスをインストールしたフォルダなのだが、この点に関してはあまりはっきりと指摘しているサイトはないようだった。丸一日かけてURLをexemple.comに変更した。

審査申請自体はパスやサブドメインは入力できず先へ進めないのだが、私は曖昧な知識しかなかったからexemple.comと入力して審査を受けていた。独自ドメイン持ってるんだしいいじゃん、という感じだった。しかし実際ページにアクセスできるのはexemple.com/wordpressだったのである。さくらサーバーだったからかなり苦労して死ぬ気でURLを変更し再申請すると見よ、審査中の状態が2週間ほど続いた。この頃にはもう受かろうとかよりもチャレンジすることが大事くらいに考えていたので、この間に並行してASPの登録を行なっていた。

AMAZONアソシエイト

ASPで意外に強敵だったのがAMAZONアソシエイトだった。これに落ちた時のショックと腹立たしさはグーグル以上だった。なぜなら落ちて当たり前と思っているグーグルに対して、アマゾンは受かって当然と思っていたから。上記のグーグル審査基準を満たしていてアマゾンに落ちる理由は一つ、いつも買い物しているアマゾン・アカウントで申請しなかったからだ。念のため一時的に借用している画像のある記事は下書きに戻し、買い物で使っているアマゾン・アカウントで申請した。見よ、瞬速で受かった。

そして合格!

私が合格通知のメールをグーグルからもらったのが6月2日である。前日に「あと一歩です」という意味がよくわからないメールがきたが、特に何もする必要はなかった。その時点でちょこちょこASPの広告は貼っており、画像も載せていた。Youtubeの動画リンクも1ヶ所あったが気にしてなかった。再審査申請の間は2週間空けろとなってはいるがあまり関係ないと思う。

まとめ

グーグルアドセンス審査基準は刻一刻と変化しているから、本よりもネットで参考記事を探す方が容易い。そして決して諦めない。何度でも挑戦すること、これである。

記録は以上となる。いまだにブログの書き方、ワードプレスの操作方法等わけがわからない日々が続くが奮闘している。

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)

スポンサーリンク

-日常

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.