パンデミック 評論

【稲妻】”人の子”が来る時の徴〜あるいはCOCID-19のパンデミック期間について

投稿日:

異常気象

2020AD.4.25(sat) 東北は寒い。宮城県は今回の冬中雪はほとんど降らず雪かきは一回だけ、それも少しやったばかり。3月に4月5月のような暖かさで、4月下旬だと言うのに筆者は真冬のような格好をし、厚い布団で寝ている。

異常気象、人類の行の報いで季節が狂った。寒いので体調が崩れ、筆者は毎日具合悪い。体温は日々チェックしており咳はほぼ全く出ないが身体中が痛み、非常にだるくコロナの初期でないとしても明らかに風邪の症状である。

今日日は少し具合悪いからといって医者には行けない。なのでひたすら家で静かにし、良くなるのを待つ。コロナでないと言ったのは感染する行動をしていないとの確信があって、かつもし筆者が感染していたとしたら同居の高齢者がすでに死んでいるはずだからである。

封鎖措置

日本で特に東京の感染が酷くなりだした時に筆者は海外のニュースの影響ですぐ家に篭る段取りを始めた。実に気楽だった。しかし今ではもうワークマンで買ったカッパやゴーグル、買いだめした正露丸、電動でない手製髭剃り、数カートンのタバコや最後に飲もうと思ったマッカラン、これらも封を開ける前にすぐ最後が来るような気がしてならない。

こんな呑気な準備は無用だったようだ。では恒例のバイブル解釈へ行こう。筆者はもうダメだから、死ぬ前に言っておかなければならないことを言うべき時が来た。

収束期間

まず皆が騒いでいるCOVID-19のパンデミックの脅威はいつ終わるのか、だがこれはヨハネ黙示録9章に書いてある”底知れない穴”から登ってくる蝗である。コロナウィルスは、黙示録に書かれているところの蠍の尻尾を持ったイナゴの軍隊なのである。

この災いは神が人間を呪って送り込んだものであるから、人間の意志で止められはしない。さてこの災いの期間は五ヶ月である。しかし預言の本は5年を五ヶ月と読んだり五ヶ月を5日と呼ぶのは珍しくないので、果たして五ヶ月が150日を意味するかは分からない。

二つの喇叭

5ヶ月がすぎるとCOVID-19は終わる。だが続いてもっとひどい、もっと恐ろしい二つの災いが用意され、これで人類の歴史は終わり最後の審判が行われる。その時”人の子”と言われるキリストが大いなる栄光と権威に包まれ”雲に乗って”来るという。

COVID-19の次に何が来るのかについて、ヨハネ黙示録では「ユーフラテス河に繋がれている4人の天使」の解放であるとしている。この4人は天地が創造された時から大地に4方向の風が吹き付けるのを制御しているのだが、第六のラッパが吹き鳴らされる時に”その時、その日、その月、その年”に定められた天使たちの解放が行われる。

そして彼らは軍を引き連れていて人間の3分の一を殺しに行く、という。

稲妻

”人の子”彼が来る時には「稲妻が閃くように」来る、と言われている。これは主自身の言葉である。またノアやロトが天使から警告を受け悪い住民にそれを伝えても無駄だったように、”人の子”がやって来る時もそうであると。

また主自身は「人の子は夜中の盗人のように来る」「だから目を覚ましていろ」と語っている。だから筆者がこんなことを書くのはそのためなのだ。稲妻が閃く時心の準備が出来てればまだその恐れは少なくて済む。

忠言

どうやら最後の時が来たようだ。どうか皆さんもコロナウィルスと共存する生活が今後も続くなんて考えず、一瞬のうちにやって来る次の滅びに備え悔い改めて欲しい。なぜなら主なる神は天地を良きものとして創造したが、悪魔がこれを荒らしたからである。

その時滅ぶのは地球だけではない。なぜなら悪魔が作った塵が大気圏外にも飛んだからだ。地球が宇宙の中心だとしたアリストテレスは正しい。最も小さいものが最も重要である例は雀や蟻や雑草を持ち出さなくとも自明である。

この最も小さな最も価値なき地球が滅ぶ時に、一緒に全宇宙も滅びないと誰が確信できるのか。どうか皆さん、一切の存在する事物は主によって造られ維持されていることをよく考えて欲しい。そして少しでも自分の心を反省して、主に対して謝罪すること。

なぜなら最後の時に、全ての人、死人も生者も、正義で全能なる神である主の前に立たされるのだから。

さて私は警告した。あとは皆さんの勝手だ。

【サイン】予兆について。および上から見る心の露出。さらに視聴覚の原型。宝石。

-パンデミック, 評論

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.