パンデミック 日常 エッセー

【新型コロナウィルス】日本世界ランキング実況〜予想外れの弁明

投稿日:

Rank

前の記事で筆者は新型コロナウィルスの世界ランキングを実況しているYoutubeチャンネルを挙げ(4月22日)、4月末には日本の数字がぐっと上がり5月上旬にはトップに食い込むだろうと予測した。

記事【日本】コロナウィルス世界ランキング状況(1)実況と今後の推理

Youtube: live

しかし筆者とても人、予測が外れるのは当たり前。日本は思わぬ方向へと進んでいる。人口が日本の10分の一のオーストリアの下位にある日本。そして日本がこうである限り、他国とて真実の数値を表しているかどうかはわからない。

よってこれらのランキング数値はもう当てにあらないと考えてよかろう。

Twitter

もはやCOVID-19パンデミックは予測不可能な領域に進みつつある。日本とても同様。連日の日本のニュースはもう見る気がなくなった。東京の感染者数の発表の値はよくもまあ恥知らずなと言いたくなるような数。20人?30人?村か?町か?と言いたくなる。あの東京都がこれだけの感染者数なわけがない。

予言能力がなくともそのことに都民や国民の方々は気づいていて、簡単に言ってしまえば「感染者の処理ができないから陽性者数を最小限にしている」に過ぎないのだろう?「陽性の結果が出れば役所に責任が発生する。だから逃げてる」のだろう?

そのような声はツイッターと呼ばれるSNSでは多く見ることができるが、日本人よ、生命に関わるこんな状況にあってスマホをぽちぽち押して、ぼやくことしかできないのか。情けない話だ。

Blog

ツイッターに書きたくなる欲望を抑えてブログに長文を書こうと思ったのはこういう次第。日本なんて封鎖らしい封鎖もしていない。さして効果が出たとは思えないしこんな東京の感染者発表数では、「問い合わせ相談時点ではねられたたくさんの感染者が野放しにされている」ということではないか。こんなことは誰でもわかる。

一体政治家は我々国民をどれだけバカにしているのか。一握りの愚直な人々しか欺けない。彼らの顔に「嘘」と書いてある。「私は後ろめたいけれども本当のことは言えない」そう書いてある。

なんという情けない国だ!これがかつてドイツ・イタリアと共に三国同盟に加わった大日本帝国なのか!三島由紀夫様よ、あなたの死を前にした演説「檄」の文言がそのまま私たちに当てはまった。私たちは日本をもう守れない国民なのだ。

「檄」:参考動画https://www.youtube.com/watch?v=xG-bZw2rF9o&t=64s

Lamentation

この状況で5月14日に緊急事態宣言を解除?外国の緩和の動きに促されてふらふら、ふらふら行き先もわからず流されていく日本。外国だってロックダウンして緩和なのだ:日本は最初から緩和されているようなもの、この上もっと緩くするのか。

世界であれどこであれ緩和してやることはお買い物、飲み食い、スポーツ観戦、映画館などが最初だろう。こんなことに命を賭ける値打ちはない。ただもはや世界は「経済」でしか回らなくなってしまったから、人が売ったり買ったりしないと誰も生きれないのだ。

【預言】について〜「預言」の意味;「占い」とは異なるということ

スポンサーリンク

-パンデミック, 日常, エッセー

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.