小説

【谷崎潤一郎】「細雪」(ささめゆき)〜遅すぎる婚活・昭和初期バージョン

投稿日:

この作品は谷崎先生が第2次世界大戦中、戦火を逃れながらひたすら書き綴った長編小説の名作。中央公論に掲載されわずか2回で軍部の干渉に遭い発表中止さるるも、先生は作品を書き続けた。

幸子のモデルは谷崎松子夫人で執筆中の思い出を語ったりなどしている。「細雪」(ささめゆき)の題名の根拠については色々取り沙汰されているようだが、この渋いタイトルは物語の主人公的な雪子という女性の性質を表しているものと思われる。

あらすじ

鶴子は本家の長女ですでに子供が何人もいる。その妹の幸子、雪子、妙子の姉妹は見目麗しい美人揃い;3人仲睦まじく外出などした折には、華やかな姿が電車で目立ち噂になるくらいであった。

この小説の中心となっているのは雪子の嫁入りであり、なかなか良い相手が見つからず苦心する周囲の日常とりとめない、しかし”細雪”が降るような繊細な感情の揺れ動きが主題なのである。

見合い

彼女たちの家柄は大阪の上流階級で会話ももっぱら関西弁で進行する;昭和初期のことであるから結婚は主に”お世話する人”が柱となって活動することになる。いわば逆婚活とでも言おうか。本人は何もせず、周りが一生懸命に雪子を結婚させるために四苦八苦するのである。

雪子は若い頃に家の者が高望みしすぎたのと、妹の妙子が駆け落ち事件を起こしたのとで婚期を取り逃がしてしまっていた;それで30過ぎても相変わらず若く美しかったのであるが、なかなか10点満点の相手はおらず、見合いするたびに調べると相手に何らかの”傷”があるのだった。

独身姉妹

幸子は悦子という娘が一人いたが、未だ独身の雪子と妙子は本家の堅苦しさを嫌って幸子の家に世話になっている。そして上流階級ではニートがぞろぞろおり、それを恥ずかしいとも思わないのであった。

妙子の方は雪子と反対でいわゆる現代の若い女そのものと変わらぬ性質を持っていた。「痴人の愛」のナオミに近い。好きな相手と遊び好きなことをし、将来は自分で切り開くという感じ。対して雪子は何をするにも受動的な慎み深い古風な女であった。

結納

長い小説の最後にようやく纏まる縁談は華族との婚姻である。相手は44、5だったが身分家柄は問題なく、もはや贅沢を言ってられる場合ではなかった。雪子は35になったいた。

夫になる男は華族とはいえ破天荒な生き方をしてきていて、アメリカで航空学を納めたが定職を持たず、建築の設計などをしているのであった。

それでも心強い後ろ盾がありついに結納が交わされるのであるが、ついに雪子は挙式当日まで下痢であった。(笑)緊張し過ぎたのかもしれない。

一方妙子は波乱万丈の生き方でバーテンの子供をお産で亡くし、幸子の家から荷物をこそこそと片付ける。前自分に充てがわれていた部屋には雪子への膨大な贈り物が飾ってあった。

まとめ

超俊足レビューで申し訳ない;現代的で奔放な生き方をしてきた妙子が病気になったり子供を亡くしたり災難続きなのに対し、昔ながらの古風な雪子は35でおそらく処女、華族に嫁いりするのである。

それでも間際まで下痢になり、全然結婚なんか嬉しくもない。むしろ華やかな姉妹3人で仲睦まじく色々な所に出かけていた時が、一番彼女にとっては幸せなのだろう。

感想

写メは撮らなかったが、読み終わった時腕の肌にざぁーっと見事な鳥肌が立った。あんな鳥肌は自分でも見たことがない。「細雪」という美しいタイトルそのままの、日本の美をまざまざと見せつける谷崎先生の世界である。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

細雪 (中公文庫) [ 谷崎潤一郎 ]
価格:1182円(税込、送料無料) (2018/10/3時点)

楽天で購入

●おすすめ→【谷崎潤一郎】「痴人の愛」〜冷酷で淫らな若い妻をヴィーナス像のように拝む中年の夫

スポンサーリンク

-小説

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.