「 takaの記事 」 一覧

【ルーカス・クラナッハ】「ユディト」「パリスの審判」〜澁澤龍彦流に鑑賞してみる

2018/08/07  

「パリスの審判」 クラナッハは澁澤龍彦の本「エロティシズム」の巻頭口絵にも載っている、氏の大のお気に入りの画家。その絵は「パリスの審判」である。 「パリスの審判」1530年 澁澤龍彦氏によれば、クラナ ...

ワイルド【サロメ】 ”銀の皿にのせて預言者の首を” 王女の邪悪な欲望〜あらすじ・感想

2018/08/06  

「マタイによる福音書」第14章、「マルコによる福音書」第6章に記載のあるエロティックなエピソードを元に、19世紀末イギリスの文学者オスカー・ワイルドが1幕の戯曲をフランス語で書いた。「サロメ」である。 ...

【ヴァテック】W・ベックフォード作〜ゴシック小説・あらすじ紹介

2018/08/06  

「ヴァテック」"Vathek"(または「ヴァセック」)は「オトラントの城」とともにゴシック小説の代表的な作品。正篇と挿話二編に分かれており、カリフのヴァテックの物語である正篇中心に紹介する。 作者につ ...

アリストテレス【動物誌】の魅力〜驚異に満ちた地球の生き物たち

2018/08/05  

古代ギリシャ哲学者アリストテレス(前4世紀)の本はその師プラトンのそれよりも、マニアックな内容を含む。プラトンが最後の奇書「ティマイオス」で、詩と哲学が融合したかのような深遠な文体で宇宙を論じたのに対 ...

ダイエット【もろきゅう】夏にぴったりおつまみ〜畑で採れたて野菜

2018/08/04  

ダイエット中もたくさん食べれてほぼカロリーなし!暑い夏にぴったりおつまみ「もろきゅう」について書いていきます。 「もろきゅう」の意味 「もろきゅう」とは、生のままのキュウリに主に味噌・梅干しの果肉など ...

【エドガー・アラン・ポー】短編「壜のなかの手記」〜沈没寸前の船で書かれた秘密の告白

2018/08/03  

「残りの命はや一瞬もない者は、何ごとをも包み隠さぬ。」という17世紀フランス劇作家キノオの引用から始まるこの短編小説は、創元推理文庫ポー小説全集1巻の冒頭を飾る名篇。 作品概要 メッセージを書いてあり ...

シェイクスピア【あらし】あらすじ・感想〜無人島に繰り広げられる魔法の世界

2018/08/02  

シェイクスピアの「あらし」または「テンペスト」は、弟の裏切りによってミラノ公の座を奪われ、島流しにされた親子が無人島に流れ着き、魔法と妖精の力を借りて再び元の地位に戻るまでの話。 *今回をもってシェイ ...

シェイクスピア【夏の夜の夢】あらすじ・感想〜恋は盲目、恋は移り気、恋は魔法

2018/08/01  

シェイクスピアの喜劇「夏の夜の夢」あるいは「真夏の夜の夢」は、その題名通りうっとりさせるような幻想物語。何よりも読んでいて観客を楽しませるのみならず、書いている作者自身が楽しんでいるかのような余裕が感 ...

シェイクスピア【アントニーとクレオパトラ】あらすじ・感想〜豪奢な快楽が男の理性を曇らす

2018/07/31  

「ジュリアス・シーザー」の続きに当たるシェイクスピアの古代ローマ史劇を紹介。 ◯「ジュリアス・シーザー」はこちら→シェイクスピア【ジュリアス・シーザー】初代ローマ皇帝 ”カエサル” の暗殺劇 クレオパ ...

【エドガー・アラン・ポー】「ウィリアム・ウィルソン」〜ドッペルゲンガーの怪奇な干渉

2018/07/30  

エドガー・アラン・ポーの短編「ウィリアム・ウィルソン」を紹介。ポーの小説はどれを読んでもたいてい面白いが、これは中でも最高傑作のひとつ。 ドッペルゲンガー もしあなたにいつも側にくっついてきて、あなた ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.