「 takaの記事 」 一覧

【エドガー・アラン・ポー】短編「アモンティリャアドの酒樽」〜地下墓地に響く復讐の鈴の音

2019/06/28  

エドガー・アラン・ポーの短編集を有名でない作品まで爪楊枝でほじくるように味わい尽くすシリーズ。今回は「アモンティリャアドの酒樽」の紹介。 憎しみ 奴が憎い。殺したい。恨みがある。大嫌いだ。主人公がそん ...

【エドガー・アラン・ポー】短編「タール博士とフェザー教授の療法」〜精神病者たちの反乱

2019/06/27  

エドガー・アラン・ポーの短編「タール博士とフェザー教授の療法」の紹介。 鎮静療法 映画「シャッター・アイランド」を思わせるとある精神病院を舞台にした話。 主人公はフランスを旅しながら精神病院”メゾン・ ...

【エドガー・アラン・ポー】短編「ちんば蛙あるいは鎖がれた八匹のオランウータン」〜道化師の復讐

2019/06/23  

エドガー・アラン・ポー短編「ちんば蛙あるいは鎖がれた八匹のオランウータン」"Hop-Frog"(原題)の紹介。 冗談国王 冗談大好き国王と7人の大臣たち、この冗談国家で”ちんば蛙”と呼ばれた小人は宮廷 ...

【エドガー・アラン・ポー】短編「不条理の天使」〜酒瓶で出来た身体を持つ怪物の教訓

2019/06/22  

エドガー・アラン・ポーの短編「不条理の天使」の紹介;その名の通り不条理な運命に弄ばれた作家の、酒に酔ったヤケクソな幻想のような笑劇”ファルス”。 炉端の午後 主人公は引きこもりにはもってこいの11月の ...

【エドガー・アラン・ポー】短編「お前が犯人だ」〜偽善者の笑顔に隠された悪意

2019/06/21  

エドガー・アラン・ポーの1844年の短編「お前が犯人だ」"Thou art the Man"(原題)の紹介。 ”いい奴” この短編には偽善者というものの典型が出てくる;しかし正確には偽善者というよりア ...

【ルネ・デカルト】「幾何学」紹介・レビュー〜デカルト著作集1(白水社)より

2019/06/06  

デカルト著作集1は『方法序説』に発表当時と同じ3つの試論が付いた決定版だ。うちひとつ「幾何学」について。 ●関連→【ルネ・デカルト】「屈折光学」紹介および感想〜デカルト著作集1(白水社) 【ルネ・デカ ...

【iMac移行】「支援ツール」で速攻クローン・マック出来!

2019/06/01  

Apple製品の良いところは、旧い機種(例えばIphoneなど)を新しいのに買い換えた場合、とても簡単に前のとそっくりそのまま同じ設定のコンピューターで使用できることだ。 今回個人使用のiMac201 ...

【山岡家】「旨辛スタミナらーめん」を食べてみた ②

2019/06/01  

昨年も美味しかった山岡家期間限定「旨辛スタミナらーめん」を、しかもダイエット中でも食べるレビュー!! ●去年の→「山岡家」期間限定【旨辛スタミナらーめん】を食べてみた 「山岡家」期間限定【旨辛スタミナ ...

【プラトン】「ティマイオス」再読・感想〜プラトン全集(岩波書店)より

2019/05/29  

この地上で最も魅力ある書物「ティマイオス」。古来様々な名著で引用され多くの偉大な学者・智者に強い影響を与えた。この本は呪文の一種である;読むと強烈なインパクトが魂に刻印される。それはおそらくプラトンが ...

【アリストテレス】「自然学」紹介〜”動くものはすべて動かすものによって動かされる”

2019/05/28  

場所と時間 ”動くものはすべて動かすものによって動かされる”という極単純な理屈;そして”動かされるものはすべて場所および時間の中で動かされる”という自明の真理。”運動”すなわち生成・消滅・増大・減少・ ...

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.