エッセー

【緊急事態宣言】に寄せて〜「新型コロナウィルス」に対する政府の対応について思うこと

投稿日:

政府の対応

新型コロナウィルスの政府の対応を見て、改めて自分自身が日本国民であると気付かされた。日本人として生まれずっと日本国籍で登録されている私は、日本という国に生きておりその人間なのだ。

普段私は生きている人間と会話せず、さらに日本人とは死人を含めて会話しない。しかしはっと気がつくと、私は生身の日本人である。つまり日本国民のあなた方は、世界という広い目で見ると私と同胞であり、ある程度、運命を共にする仲間なのだ。

この疫病に対する政府のとった対応がどんなものであるにせよ、その結果に私はあなた方と共に付き合わされることだろう。

日本の地形

日本は海の中に出現した渇いた大地の一部である。この大地の形が空から見ると日本地図の形なのである。そして日本人の起源は、明らかに中国人であると思われる。その根拠は外見すなわち肌の色、髪の色、目の色そして体格である。

このように中国人、朝鮮人、韓国人と我々日本人は外観的に瓜二つであって、見た目上兄弟と呼んでも誤りではない程だ。ということは、人間としての性質も本質的に似通っているはずである。

普段我々は中国人や韓国人や北朝鮮を正直なところ不信の目で見ている。ならばその同類の日本人を不信な目で見ない訳があろうか。少なくとも私は日本人とその言うことを信じないということを、ここに告白する。

日本の文化

だが日本はガラパゴスケータイの発明でも喩えられるように、島国として大陸から切り離されたため独自の文化発展を形成、展開してきた。切腹・武士道、俳句・短歌、能など日本にしかないものが知られる。同様に日本特有の気質というか、雅、美意識、死生観、信仰などのソフト面が育まれた。

第二次世界大戦の国民総玉砕スローガン、2発の都市上への核兵器被曝、敗戦そしてアメリカに引導された憲法改正がもたらしたかつての武士道に基づく軍国主義、天皇制の廃止、この新憲法により我が国は今日まで日ひたすら経済成長を至上主義に掲げて生きてきた。

その結果人々はサラリーに明け暮れ、買うことと稼ぐことにしか価値を見い出さなかった。テレビのコマーシャルはそれ一色に染まったまま今日まで放映され続けている。戦後生まれた赤ん坊は75歳の年寄りになり、今も児童憲章と学校教育法が心の中に揉み込んだ黄色い声を出している。

安い時給

感染を抑える、と国は言う。それは医療現場を守るためである。たとえ無くすことはできなくとも、その現場で働く人々が手に負えなくなる負担をかけてはならないのだ。同じくスーパーで働く人や物流で物を運ぶ人の負担も問題になってきている。

私は派遣のバイトでイオン・スーパーの配送元倉庫で品分け、ソフトバンクのコールセンター、ファミマの弁当の仕分け、冷凍庫の食品仕分け等の仕事をしたことがある。販売レジだけは学生時代のセブンイレブン以来やってないが、あれらの人たちは時給何百円で退屈なきつい労働を普段やってくれている。

それが社会生活のバランスが崩れることで、ただでさえ安くて苦しい仕事が何倍も負担がかけられたら、あなただったらやってられるだろうか。一言、政府は現場のことがわかっておらず、口を動かすしか能がない。ちょうど収まらない図面を書く建築設計者のようなものである。そういう図面は現場からは絵に描いた餅と詰られる。

戦争の放棄

日本は銃は愚か刃物すら持ち歩けない国で、国民の危機察知能力は一般人でも銃を買えるアメリカや、イスラム国に襲われたりするヨーロッパとは比較にならない。警官はヘラヘラ笑い自衛隊は力仕事するだけ。そのような国が外国のように徹底的に国民を統制できるはずがない。

日本は武力を持つことなく戦争を永久に放棄する。そう新憲法は言った。しかしそんなことは不可能なことは誰でも分かっている。この条文は精神的な催眠効果を与えるだけで中身がない。日本という国には強い催眠術がかかっており、国民は不思議な魔法にかけられているかのようである。

新型コロナに対する日本政府の対応は世界から見て浮いている。各国が閉じられネットだけで様子が交換される時代となったいま、我が国の失態も全世界に中継されるだろう。隠れたものは必ず現される。やがて日本人の本性がむき出しになり、その正体が分かるだろう。

【日本国憲法】講談社学術文庫紹介〜現代日本国家の「最高法規」をあらためて読む

-エッセー

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.