小説 映画

【愛の化身】ワレリアン・ボロズウィックのソフトコア・ポルノ映画原作について

更新日:

監督

ポーランドの映画監督であるワレリアン・ボロズウィック(最近だと「エマニュエル5」1986年)はあまりメジャーではないが、昔からアンドレ・ピエール・ド・マンディアルグの小説を映画化していて注目に値する。

2006年に亡くなっているが40本ほど作品が遺されているとのこと;マンディアルグの映画化はアラン・ドロンの「オートバイ」(もう一度あなたのもとへ)が有名だがこちらは別監督。ボロズウィックは「インモラル物語」で「満潮」という短編を映画化、またゴンクール賞「余白の街」もやっている。

他にもマンディアルグ原作の作品があるかはわからないが、特に今回この監督に注目したのは1987年の小説『全ては消えなん』の映画化を知ったからであった;原題 ”Cérémonie d'amour”、英題 "Love rites"、そして邦題”愛の化身”。

マンディアルグ【満潮】短編小説〜従姉妹の唇への激しい欲望

マニア

ムービー・データベースなどで漁っても完全な動画は出てこず、購入も困難なようでDVD等の入手はマニアックだろう。この大衆嫌いの高潔な作家の小説が反対に大衆趣味に味付けされ、単なる抜ける(これこそ最も作家が拒否した趣味であったが)ソフトコア・ポルノのように宣伝されるとは。

インターネット、YouTubeで可能な限り調べても、ほんのちょっと地下鉄のシーンやミリアムの長い爪で男が引っ掻かれる場面があるだけ。若干の外国公開時の映画ポスター、DVDの箱など。「オートバイ」の映画のラストも気色悪かったが、群衆の手垢でゴテゴテにされた原作の高尚さの成れの果てを見るのは気分の悪いものではなかった。

ざまあみろ、そう思った。偉大な知性のみか生まれ、女性関係、名声、環境、時代、交友にも恵まれ、日本人なんか三島由紀夫(ノーベル文学賞ノミネート)か谷崎潤一郎(文化勲章)クラスじゃないとリスペクトしない、極めて尊大な人間。それがマンディアルグという男。

作者

『全ては消えなん』でもシュルレアリスムの創始者アンドレ・ブルトンを讃え、青年時代はのらりくらり前衛芸術家らと交わり(自分自身は何ひとつ発表せず;それも美術蒐集家として名高い家柄に生まれたというだけで)、ヨーロッパ中を愛車で旅行し知識・美術・歴史を肌で吸収するどら息子、

かたや写真家アンリ・カルチェ・ブレッソンと娼家で遊んだりジャズ・バーで酒を飲んで”非現実”に酔う。17才年下のイタリア人女流画家と結婚したのは誰でも知ってるが、若い頃にメレット・オッペンハイムという超セクシー美女と乳繰りあったことは皆さん知っておられるか。

写真:マン・レイ

 

それのみならずレオノール・フィニーなるこれまた画家で美女とイタリアの海で裸で遊んでいるブレッソンの写真は、"SPHINX〜life and works of leonor fini"に載っている。また性器丸出しのもある。まだまだたくさんの芸術家と交友しその中にはジョイス・マンスールやレオノラ・カリントンもいる。

Leonor Fini / Italy

カイン

私はカイン。マンディアルグ、貴方はアベルだ。私は貴方が憎く、貴方を恵み、私を落とした神が憎い;貴方はコンビニの弁当の仕分けなんかしたことがあるまい。田舎者の会食に手足を縛られたまま放り出されたことがあるか。

『全ては消えなん』は未邦訳で原文で読んだ時は、歴史の終局の宣言だと思っていた。だがこれが脱稿したのが1986年11月だそうだが、その頃私は高校一年で玉毛が生え出していた。私が生まれて一週間後に貴方が尊敬する三島由紀夫は切腹した。

今西暦でカウントしてAD2020年だが、私は毎日毎日糞みたいな馬鹿騒ぎを聞かされて見せられて、完全に無名で、成すすべもなく、くだらないブログに不満をぶちまけるしか能がない。もしこれが1986年の終局の宣言だとしたって、今現に私が見ているものの10分の1の意味すら持つまい。

サタン

貴方は79年に『世紀の最後の夜』で1999年に二重日食が来ると言った。しかし二重日食は2001年の同時多発テロのヴィジョンだった。2つの高層ビルが崩れ、摩天楼は煙と埃の闇黒に覆われた。二機目のジェット機がビルの壁面に突っ込む様は、完全に夢の世界の出来事に接触している。

貴方は『マロニエ』で”歴史が夢に触れるのだ”とも言い、二重日食後の世界を見るのは誰なのかと問うた;私は貴方が大好きな芸術や、美術や、建築など糞食らえなのだ。特に”詩”という言葉を貴方の口から聞くと、激しい怒りに襲われる。それこそ私が諦めた夢だからだ。

私はミルトンのサタン。嫉妬に囚われ兄弟、神を憎む。そんな者は大きな碾き臼を首に掛けられて海に沈められる方がましである。沈めればいいじゃないか;これ以上何が惨めか。

心にひた隠している情念をぶち撒けろ!マンディアルグ、俺はお前が羨ましいし、憎い。お前の神も憎い!!おお、呪われよ、我が魂!

結び

A Hymn to A.P.M.

O Thou Demi-god, Thou darst stand sole on Earth at XXme-ciecle.

おお汝地にありし時は半神にしていまは不滅なる者

父より授けられし知性

The Appointed by Father's spirit ,

汝プラトン立体に囲まれたる男女両性像の登頂より真理を見し者

 Sovran Divinity, Thou became divine.

汝黒檀の木杖の如き硬き男根保持者、複数の配偶者を持つ男尊

(But each secrete enigma and dogma are their own)

おお助平爺いにして処女、The Female-Male .

 Eternal Male-virgin ,  

That's furious voice is from above .

 Solitaire ,  Eagle ,  Lion , Snake , Messhaja-Satan-Triple-Male , 

Glory and Power and Dominion with thee forever and ever, Amen

<アマゾン・リンク>

【マンディアルグ】長編小説「すべては消えゆく」〜20世紀末賢者の預言〜

スポンサーリンク

-小説, 映画

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.