哲学

【トビト書】旧約外典(アポクリファ)より〜悪霊アズモダイオスを祓う天使ラファエル

投稿日:

旧約聖書には正典の他外典(アポクリファ)と呼ばれる諸書の文書があるのをご存知だろうか;「正統」や「異端」、「正典」と「外典」(あるいは偽典)とは人間の法律や慣習が決めた線引きに過ぎず、物事の真相を深く究めるにはそういったレッテルに拘ることなく、広い視野を持たねばならない。

アポクリファだからといって価値が低いというわけではない。その中から今回は面白い「トビト書」または「トビト記」について紹介しよう。

ニネベ

預言者ヨナの物語でも知られる都市ニネベにトビトは住んでいた。彼は貧しいものに施しをし裸の者には衣服を着せ、神の目に正しい人と映るように心がけていた。しかし手当たり次第死者を埋葬する行為が法に触れ、処刑を恐れて逃げ出す。

たくさんあった財産は没収されただ息子のトビア、妻アンナの他一物も残らなかった。じき兄弟の子アヒカルがとりなしと前王が殺されたこともあり、トビトはニネベに戻った。だが市場の前に同国人の死体が投げ捨てられているのを見るや、懲りずに再び埋葬した。

隣人はそのようなトビトを嘲笑った。さて家に帰り死体で身を汚したため庭の壁際に寝た。すると壁の上に巣を作っていた雀の暖かい糞が眼に落ち、白い膜を帯びてトビトは目が見えなくなった。物を正しく見る分別を失くし咎のない妻をそしり、トビトはヨブのように絶望して神に死を願い祈った。

悪魔祓い

同じくメディアに不幸な娘がいた。ラグエルの一人娘サラに悪霊AZMODAEUS(アズモダイオス)がインキュブス(男性夢魔とも呼ばれる)として惚れ込み取り憑いていた。すなわちサラは7人の男と結婚したが全員初夜に悪霊に殺されていた。

そのことを父の婢女たちにからかわれ、父からも死んだ婿たちとともに死んでしまえなどと罵られ、サラは自殺しようとした。しかし一人娘の自分が死ねば年老いた両親に申し訳ないと思い、主なる神に救いを求めて祈った。

彼ら二人の心からの祈りは天の神によって聞き届けられ、7人の天使のひとりラファエルが彼らの元へ遣わされた。

まとめ

トビトは知人に預けていた金のことを思い出し、証書をしたためて息子トビアに取りに行かせた。危険が全くないわけではない旅路であったが、のちの人生にいくらかなりとも足しになるようにとの計らいであった。誰かを連れて行けと命ずる父に、天使ラファエルが姿を変えて息子に寄り添った。

さてチグリス川の夕べにトビアは魚に飲まれようとした。逆にこれを捉えるとラファエルが心臓と肝臓と胆嚢を取り出すよう命じたが、残りは食した。あとでわかるが心臓と肝臓はアズモダイオスを燻り出すのに使われ、胆嚢は父の視力の回復に用いられるのである。

トビアとサラは結婚し父の目は回復し、苦悩に苛まれた人々は天の神によって癒される、そのような物語。

魔術・本【ソロモンの鍵】洋書レビュー(1)〜”スピリット”は実在する

-, 哲学

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.