哲学

【全能性】について〜ニルヴァーナ状態の実現のために

更新日:

旧約聖書

「全能」という単語が最も登場する書物で代表的なものは旧約聖書である;ヘブライ人の拝した神は「全能者」と呼ばれ、または全能であるがために恐れられ崇められた。

「創世記」では世界を作り出す様が描かれ、「出エジプト記」ではモーゼとアロンが主のみを味方にしてエジプト王を打ち負かす物語が語られる。

製品

人工物は科学によってもたらされ、消費される。それは値段のついた「商品」に他ならない。Macやiphoneなんかを使っていると、人類は何か途方もないものを発明した、と思いがちである。

自然を造り上げた造物主に勝ったような気になるのも仕方がない;それほど便利だからだ。しかし自然は科学や人工物の及びもつかないような驚くべき技術と法則によって出来上がっている。

元素

この巨大な目に見えて感覚される宇宙。そして我々の人体。生物・鉱物他あらゆる物質を構成する単位である元素の組み合わせ。etc.

生物の体の単位は細胞であるそうだが、細胞も元素から成る。元素は分子から分子は原子からなり、原子は原子核と電子からなるという。科学は核融合反応を操作するまでに発達し、核爆弾や原子力エネルギーを産み出した。

この核融合反応こそ、世界を造った「神の力」なのだと考えられる。ミルトン『失楽園』では悪魔を滅ぼすキリストの雷撃とされた;造物主は素粒子しかなかった元素つまり混沌に、驚くべき秩序と配列を与えたということになる。

●関連→ジョン・ミルトン【失楽園】レビュー〜サタンの失墜と人間が楽園に戻るまで(2)

まとめ

このように科学の見解と神学者や古代教父の意見は一致を見ているのであるから、もし科学者が無神論を主張するとすれば自ずから誤謬に陥る。

この記事が仮定する「全能者」については以上をもって終わる。次に「全能」だとすれば何もできないことがないのだから、一体どんなことが可能か考えてみよう;造物主を「神」と呼ぶことに異論はないと思うから、

神は「善」である以上、人間のような愚劣なことは一切出来ない。全能性は善きことのみにはたらくからである。したがって「善」なることならば何でも可能という結論になる。

例えば人間の最も大きな望みは幸福になることであり、これはアリストテレスの『ニコマコス倫理学』にも書かれている。そしてこのブログで以前にも何度か書いたように、究極の幸福つまり”ニルヴァーナ”とは男女結合の状態なのである。

そう、全能者は生老病死に支配された滅ぶべき肉体とは別の、不滅・無病の身体を人間に与えることができ、物質世界の牢獄から救い出すことが出来る。さらに高次元の胎内においてマット・プレイをやらせることだって出来る。これを”ソープ・キリスト”と名付ける。

●関連→【アリストテレス】「形而上学」〜”見える宇宙”の外郭へ

スポンサーリンク

-哲学

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.