小説

谷崎潤一郎【卍】(まんじ)あらすじ・感想〜朦朧とした意識で見る愛しい女の残酷

投稿日:

谷崎先生40代頃の傑作「卍」(まんじ)は、例によってひらがなを多用し句読点を省いた語り口の文体だが、女性の関西弁による告白の形をとっている。初めからずるずると引き込まれてしまい止められなくなるが、後半3分の2過ぎころがやや駄弁的で冗長な感じはあるものの、文句なしに面白い小説。

レズビアン

この小説は柿内「未亡人」と故その夫ハズさん、夫人とレズビアン関係にあった美貌の「故」光子嬢、その恋人だった中性的な男性能力不具者・綿貫の4名の愛欲がドロドロに絡み合う話:さながら鍵十字「卍」のように。

題名の意味は不明だが、読み始めると露骨な女性同士の同性愛が主題であると思わせ、読者をぞくぞくさせる。しかしだんだんレズビアンの愛が主題というよりはそこに男2名も加わって、ただの痴話喧嘩みたいになるのは惜しい。

情死

「先生」(とはおそらく谷崎氏その人のことだろうが、この先生に向かって柿内未亡人が告白するのである)に夫人は関西弁で色々話し始めるのだが、どうも聞いていると人2名が死んでいるようなのだ;それも死んだのはレズビアンの相手光子と、自分の夫のようである。

そう、これは3人が睡眠薬を飲んで情死を遂げようとして失敗し、一人柿内夫人のみが生きながらえてしまった事件なのである。そして夫人は死んだ二人が自分を騙してあの世で仲良く暮らしていると思い込み、跡を追ってもあの世で除け者にされるというので、死ぬこともできないのだ。

あらすじ

柿内夫人は絵の学校で光子という美しい独身の令嬢と出会う。授業で観音様の絵を書かされていたが、顔がどう見てもモデルとは違い、光子のようである。学校内で光子と夫人は同性愛だという噂が立ち始める。

ある日ばったり光子と出くわすと彼女はニッコリ微笑んで、噂なんか気にしてない、むしろ逆に仲良くして世間をあざ笑ってやろうじゃないかと誘う。以来二人は外目を気にせず交際をするようになる。

家に読んで彼女の絵を書かせてもらうことになり、光子は服を脱いだ。あまりの美しさに柿内夫人は涙を流して身体に飛びつき抱きしめた。肉体関係はそれから始まり、柿内夫人は「痴人の愛」のナオミの身体に溺れたあの男のように、光子の顔と身体の魅力にのめり込んでいく。

睡眠薬

夫に最初こそ気兼ねして付き合っていたものの、徐々に開け広げになっていく。そこへ綿貫という睾丸が病気で潰れた男が出てくる。この辺りから連載物みたいに話がだらだらしてくる。ただの痴話喧嘩の読み物みたいな。

光子と綿貫はかなり以前から交際していたが、男の方が女にまとわりついている具合だった。この三角関係はネチネチした男の嫌がらせが主題である。結局柿内夫人の夫が金にもの言わせて綿貫を切るのであるが、散々コキ使った女中がとばっちりを食って首になる。

女中だけが知るはずの情報が新聞に載り、3人はもう死ぬしかないと考える。もうその頃には夫までが光子の虜になり、夫婦は毎晩光子に寝室で睡眠薬を飲まされていた。ついに情死を謀るが柿内夫人だけが死に切れず助かってしまう。

まとめ

「春琴抄」「盲目物語」「蘆刈」のようなすらすら読みやすい文章で読みだすと止まらなくなる。愛欲に目がくらみ理性を亡くしていく光子の周囲の男女が狂っていく様が鮮やかに描かれている。

●参考→谷崎潤一郎【蘆刈】(あしかり)〜十五夜の月見の晩に出会った男の語った源氏風の恋物語

【谷崎潤一郎】「痴人の愛」〜冷酷で淫らな若い妻をヴィーナス像のように拝む中年の夫

【谷崎潤一郎】「春琴抄」〜盲目の男女師弟が行き着いたサド・マゾヒズムの境地

スポンサーリンク

-小説

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.