シェイクスピア【リチャード3世】あらすじ感想〜殺された亡霊たちの呪い

投稿日:

作品概要

シェイクスピアの「リチャード3世」は悲劇というよりほぼホラー映画である。せむしの不具者だが残虐極まるグロスター公は、地獄の悪魔に取り憑かれたかのような陰謀を張り巡らし、次々に邪魔者を排除していく。悪役もここまで来ると現代のシリアル・キラーのようだ。

この劇はイギリスの時代劇なので歴史に基づいている。登場人物が多く血縁関係がややこしい。なのでそこはもう理解しようとしなくてもいいから、とりあえずざっと読んでみよう。複雑な人間関係は置いといても、ホラーとして楽しめる悲劇だから面白いはず。

残虐な手口

シェイクスピアの作品はけっこう人が死ぬが、「リチャード3世」ほど人が殺される劇を筆者は知らない。グロスター公はバットマンの悪役のジョーカーに例えられようか。口先だけで相手を騙し、心の中でもう殺す準備をしている。

王座に座るためなら身内肉親はおろか、女子供まで犠牲にし良心も痛まないのだ。もっとも残酷な甥の子供2人殺しを命じた時も、哀れみなど微塵も感じない。自分の王座の心配だけである。グロスター公こそがリチャード3世であり、両手でも余る血の犯罪によって権力を手に入れたのだった。

祝福と呪い

このような恐怖による支配は長続きしない。悪事に加担してよく働いたバッキンガムさえ、最後には厄介払いされた。反抗勢力が立ち上がり、リッチモンド伯の軍勢が押し寄せてきていた。リッチモンド伯は正義と復讐のために神の加護を祈り、リチャード3世に陣営の近くまで迫った。

いよいよ決戦という前の夜、両陣営首領のテントに殺された人々の亡霊が現れる。殺された人の数が多いので、シェイクスピアの劇でも亡霊の数が一番多いのではないか。両首脳の枕元に次々現れる10人近い亡霊らは、グロスターには地獄落ちの呪いを与え、リッチモンドに祝福を送った。

グロスター公の夢

ロンドン塔で絞め殺された2人の幼い王子の呪いはこうだった:

「お前の夢の中に、リチャード、その胸の中の鉛になってやる!そしてお前を、破滅と汚辱と死に引き摺り込んでやる!甥の魂がお前に絶望と死とを命じるのだ。」

グロスター公リチャード3世のため一番働き、最後に殺されたバッキンガムの呪いはこうだった:

「貴様の頭に王冠を載せるために、誰よりも先に働いた俺だ;そしてその暴虐の最後の餌食となったのは俺だ。おお、明日の戦いには、きっとこのバッキンガムのことを思い出し、罪の恐ろしさに震えながら死んでゆけ!貴様の夢の中には残虐な殺人が現れるがいい。血みどろの死が!気も遠くなるような絶望が貴様の上に、失意の元に息を引き取るのだ!」

訪れた平和

翌日祝福を受けたリッチモンド伯は力に満ちて早起きし、敵陣にまっしぐらに向かう。一方呪われたグロスター公は寝坊した挙句、今が何時かもわからない。味方はすでに鎧に身を固めている。

両軍は激しくぶつかり合ったが、修羅のごときリチャード3世も神の正義に破れた。リッチモンドはグロスターを殺した。王座は義しい心でもって統治を誓ったリッチモンドに移された。ヨーク家とランカスター家の争いはここに終わりを見た。

<アマゾン書籍販売リンク🔻>

◯シェイクスピアまとめ→【シェイクスピア】作品・まとめ記事〜感想・あらすじ集

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.