小説

【Mandiargues】"LES MINES DE CARMAUX"処女散文集『汚れた歳月』から紹介

投稿日:

久々のブログ更新、怠けていました。がんばって書きます。

概説

マンディアルグの処女作として名高い散文集『汚れた歳月』は第二次対戦中に発表されたものだが、読んだ感じでは初短編集『黒い美術館』へと移行途中の詩と短編の中間的作品である。

詩や散文と呼ぶにはあまりに長い作品がところどころ含まれていて、ほとんど小説のようなものまである。しかも文体がかなり難解なので相当読み応えのあるフランス語を味わうことができる。

この本の最後を飾る「カルモー炭坑」は個人的に一番気に入っている、一番長い短編であるのでここに紹介しようと思った次第である。

地域

カルモーはフランスのタルヌ県にある地域、石炭の採掘で有名なところで話はここに始まる。主人公はタルヌ川沿いを付近の自然を弄りながら歩いているうちに、流れの上に鉄骨材でぞんざいに組み立てられたダンスホールを見つける。

潜水艦の梯子のようなものを登り店に入りテーブルにつくと、見知らぬ男が話しかけてきた。彼はずっと主人公の挙動を見守りながら跡を着けてきたのだった。彼の目的は主人公を炭坑組合に引き入れることのようである。

そのために見知らぬ男は自らの仕事場と、鉱山内部の非現実的なからくりを語り始める。

炭坑

彼の話によると、暗黒の炭坑にはいくつもの坑道が走っており、時折若い娘がランプの明かりを灯すためにしどけない姿で降りてくることがあるという。その誘惑に打ち勝つのは容易ではないが、一部の完全に暗闇に目が慣れてしまった”見者”は彼女たちに対する欲望を振り切って、もっと素晴らしい生き物に会いに行くのだ。

それら一部の組合員のみが到達することができる、炭坑の最も深い場所に位置する秘密の一角に”生き物”は住んでいる。それは石炭の大空間内を自在に歩き回り、ネズミが大好物である。

”見者”の一団はネズミを差し入れに行くついでに生き物の糞を処理したりして、常に住居の衛生に気を配っている。”生き物”は彼らの配慮にいたく感謝しており、あまりの嬉しさに踊りを披露するのだが、その踊りは作家によって”Ouled Naïl”になぞらえられている。

Ouled Naïl

さて”生き物”がダンスしている間、秘密の組合員たちは爆弾のような黒い丸い岩に腰掛けて手を打ちながら見物する。丸1時間も生き物の歓喜は続き、組合員の手のひらは血が出てくるほどだ。ちなみにその熱狂的な”Ouled Naïl”とはアルジェリアの部族で、美しい踊り子の女性の画像がネットではすぐ見られる。

また動画もYouTubeで見ることができ、AppleMusicではアルバムもすぐ聞ける。筆者はすぐ気に入りライブラリに追加した。

*参考動画→Tribute to Ouled Nail Dancers

パブリック・イメージ・リミテッドの「フラワーズ・オブ・ロマンス」を思わせる妖しい魅力。アルバムにはヒップホップのような乗りの良い曲もあり、ブルースやジャズが好きだったというマンディアルグの音楽的感性に驚嘆した。

マルクス

その”生き物”とは巨大な耳である。人間の耳がテニス・ラケットほどの太さ大きさの茎の先端に花のように接続しており、足の役目をするのは茎の末端にある吸盤で、吸盤には蠕動運動する多数の毛が生えているのである。

耳はすばしこく隠された洞窟内を走り回り、ネズミを食べ、ダンスする。この耳はイエス・キリストがユダの裏切りにより捕縛される際、弟子ペテロがマルクスという兵士の耳を切り落とした。主は言った「あなたの劔を鞘に納めよ。劔を振るうものは劔で滅びる」

その耳を大地が口を開けて呑み込んで地下深く沈み、最後の審判までここで踊っているということである。その兵士にちなんで”見者”たちは「マルクス派」と冗談混じりに名乗っている。

感想

見知らぬ男は話をやめた;鋭く光る眼差しに催眠術にかかったように捕らえられ、主人公は彼の後に従うことを約した。もうダンスホールは帰りの客で誰もいなくなっている。若い娘に対する興味も失せた。

コールリッジの"The Rime of the Ancient Mariner"でも主人公がいきなり見知らぬ水夫に捕まり、無理やり話を聞かされるが、それにも通ずる強力な魔術効果のある一編に仕上がっている。マンディアルグ初期の傑作と言うべきであろう。

●おすすめ【マンディアルグ】「子羊の血」〜短編集”黒い美術館”より紹介(1)

スポンサーリンク

-, 小説

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.