映画

【空へ】"into thin air"「エベレスト3D」の原作本紹介

投稿日:

山と渓谷社

山渓文庫なるジョン・クラカワーの"INTO THIN AIR"の邦訳『空へ』は、映画「エベレスト3D」の原作である。この本無くしてあの一流の映画は出来なかった。ロシア人ガイドの「デス・ゾーン」は読んでないが、こっちは取材がやや手抜きでジョンと論争を引き起こしたようだ。

アマゾン・プライム動画で今無料視聴できる「エベレスト」のレビューに筆者は「役者も一流、ストーリーも一流、映像音楽も一流。劇場で見終わった後エンドロールまで動けなくなるパターン」と書いた。

映画にも出ているジョン・クラカワーはエベレストに登頂し無事生還した。しかし多数の遭難者が出た事実に精神的に適応できず、時間の経過を待てとの周囲の助言を無視して執筆に踏み切ったという。

よくあるパターンだが書くことによって精神の安定と救いを求めたのだった。この悲惨な事故は映画を見ればよくわかることである。ある意味映画の方がツアー主催者ロブの遭難の様子が本よりももっと深刻に描かれていると言っても良い。

見どころ

映画は多数の名優により演ぜられる多数の山と関わる登場人物のうちでも、ツアー主催者ロブと、死んだはずだがゾンビのように蘇ったベックに焦点を当てドラマチック性を高めている。

ロブは妻を残して旅立ってきたが、妻は女の子を妊娠中であり、頂上付近で動けなくなったロブと無線電話で会話する妻とのやりとりが何とも悲劇的な感傷をそそる。だが映画は死んだロブの成長した娘の実物映像で終了する。これが鑑賞後動けなくなる理由である。

やや脚色されているが実際にあった通りである。これに対してベックの方はかなり事実がアレンジされており、映画によりドラマ性を持たせるのに苦心しているのが原作を読むとわかる。ベックは二度も三度も死んだと思われながらしぶとく生き残り、体多数の凍傷を負いながらも家族の元へ帰る。

もう一人いい味を出しているのはベース・キャンプのヘレン。彼女は登山者のことを心配し色々と慮って無線でやりとりする。しかし多くの遭難者と、ロブのことも救えずに嘆く。

役者

映画の役者は主役級の大物揃いだが、これほどの劇的なドラマを演ずるのには必要だったであろう。「エベレスト」では誰もがヒーローで誰もが個性的である。だからこれだけの顔ぶれを集めたのだろう。リアリティのないエンタメ作品とは違う強烈なストーリーのためだ。

映画のエベレストも実物のエベレストと同じだから、本の参考に映画を見、映画の参考に本を読むと理解度が高まり、楽しみも3倍になる。

ボリューム

本は文庫で500ページある。だが連休を利用して1日半で読み終わった。ジュール・ヴェルヌの「海底二万里」のようにあっという間に読み終わる。難しいことは書いてないし実用的な本でもない。ただ面白いだけである。

空気

この本を買う気になったのは映画の衝撃のせいもあるが、たまたま大気圧の減少が人間の体に与える悪影響について興味があったことが挙げられる。ちょうど現在流行中の新型コロナ・ウィルスにも言えるが、呼吸をしないと人は生きられない、つまり死ぬ。

人体は常に酸素を必要とする。これは空気などと通常呼ばれており、大多数の人は普段は気にしない物体である。液体に対して気体は無視されがちであるが、どちらも重さを持ち(つまり重力に引かれて)、目で見え手で触れる実態である。

海抜0メートル付近の標高に居住していればその人の頭上に空気の柱がエベレストのある対流圏を超えはるかの上空まで積み重なっている。その重さが地上面の大気圧であり人の肺はこの圧力によって機能する。

空の注射器を押し込むと空気は縮む、つまり空気は圧縮され圧力が上がる。空気とはこういう性質のもののようだ。だから高いところでは空気が薄い、だから本の原題は"INTO THIN(薄い) AIR"なのである。

感想

映画でも本でも人の体にはいかに酸素が必要かということが嫌という程わかる、そういう作品である。酸素が不足すると脳細胞はどんどん死滅して行き、正常な思考能力を失う。結果、本書のような大事故が起こることになる。

そればかりではない。凍傷や滑落という危険や困難もある。肺も脳もやられ胃腸もおかしくなり、通常ならどこから見ても病人の症状を引きずりながら登頂を目指す。その姿は一般人から見れば理不尽とともに不思議である。

だが惨めな人生どうせ死ぬなら浄らかなエベレストで死にたい。この体を8000メートルを超えた高みに持ち上げたい。たとえどんなに金がかかり友情を失おうとも。そんな熱い思いに満ちた本である。

しかしほぼ机の前から動かず瞑想している私からすれば、それは贅沢な苦行のように見える。戦争で生死を賭けるのなら止むを得ずも、自分から過酷な気象と高度の地域に向かっていって地獄もへったくれもない。

-映画

Copyright© xアタノールx , 2020 All Rights Reserved.