哲学

プラトン【ティマイオス】おぼえがき・レビュー〜重要箇所をわかりやすく紹介

投稿日:

岩波書店プラトン全集12巻に収められている「ティマイオス」を20年ぶりに読んだので、この書物の重要箇所の覚書のようなものを作ろうと考えた。

全集版について

プラトン全集12は古書で7000円ほどする。それでも安くなった方で、昔は12000円とかだったと思う。別な書店から安価版も出ているようだが、私は岩波のテキストに全面的に信頼を置いているので買ってない。

岩波の全集だとテキストが170ページ、親切な注釈つき。しかも補注が40ページもある。充実度が高いのでどうせならこっちを読むべき。無論筆者はそんな高いお金は払いたくないので、図書館から借りた。

アトランティス

序盤でアトランティス大陸の話が語られるが、この神話はプラトンの創作と思われる。前日談として最初ソクラテスが国家についての議論をしてくれたお返しに、今日はティマイオス、クリティアスらがおもてなしするという流れ。

本はいきなり「1、2、3」から始まる。この書き出しが途方も無い奥義を含んでおり、古来から秘密が隠されているのだとされてきた。そしてティマイオスが自然・万有についての話をしてくれることになった。

宇宙の始まり

前置きとしてティマオスが宇宙が生成したものであるか、複数のものであるかの問いに答える。つまり宇宙はずっとあったものではなくある時点で生成したものである。なぜなら生成されなければ現れないから。

またこの宇宙の他にまた他の宇宙があるのではなく、ただ一つのものである。なぜなら他にも宇宙があるとすればそれを包括する宇宙があるであろうからである。

しかるに宇宙は全てを包括するものとして、すなわちただ一つのものとして生成した。

理性は魂がなければどこにも宿れない。ゆえに製作者は宇宙に魂を与え、同一のモデルを元にして構築するとともにこれを理性と魂を持った一つの生き物とした。

4つの元素について

製作者は宇宙を火・空気・水・土とから作り、互いの元素が互いに比例関係にあるようにこれらを結合した。これらは比例関係によって結合された。

また宇宙は自己完結型であるため、眼・耳・口、手足なども持たない。外には何も残されていなかったからである。また動き回る必要もなかった。

完全な似姿である球形をした宇宙にはただ回転運動だけが与えられた。

1と偶数・奇数

魂の構成は以下による。すなわち「有」と「同」と「異」をそれぞれ混合し、1、2、3、4、8、9、27とから作り上げた。これらの比例関係の中間は合成物で埋めた。

そしてこの組織をふたつに裂き、Xの字のように交差させた。それぞれを円形の環にし、互いに逆回転させた。

そして外側の円を「同」としこれに主導権を与え、内側の円を「異」とした。

「異」の円はさらに7つに引き裂かれ、それぞれ動くようにした。これはおそらく古代人が考えた7つの惑星の運行のことやもしれぬ。

これらの円運動によって宇宙は音もなく語る。もし自然が語らないのならば、どうして美しい景色にうっとりしたり、詩が生まれたりするだろうか。

鏡について

ついで視覚と鏡についての記載がある。デカルトの光の考え方と違って「ティマイオス」では眼は光を受けるだけでなく、火・光を発するものとして書かれる。

そして外界の火・光と眼から出る火・光が出会って像というものが生ずると。それはそれで神秘的で良い解釈だと思う。

なぜなら男が運命の恋人を初めて見るとき、それがただの物体的な光の反射だなどということがあろうか。

2種類の直角3角形

火・空気・水・土これらは物体であり、物体は奥行きを持っている。奥行きは面から構成される。

面の最も原初的な形は3角形である。3角形は全て直角3角形に分割され、これらから成る。

直角3角形は二等辺3角形と不等辺3角形があるのみで、これを物体の始原と定義する。さながら原子もしくはDNAのように微細なもの。

しかしデカルトはこれ以上分割できないような原子は存在しない、と言い切った。同じく直角3角形もまた、無限に分割可能である。

ただプラトンのこの説は甚だ美しいもので、後述するマンディアルグの「大理石」に深い関わりがあるから素通りはできない。

5つの正多面体

不等辺の直角3角形を6つ合体させると正3角形となり、これを4面合わせると正4面体ができる。これが最も原初的な面からなる最も原初的立体である。これを火とする。最も尖っており軽やかな形だから。

次に正3角形を8つ合わせると正8面体になる。ちょうどピラミッドをふたつ合わせた形。これを空気とする。

さらに正3角形を20面合わせると正20面体となり、これを水とする。

二等辺3角形を二枚合わせると正方形となり、これを6面合体させ正6面体ができる。これを土とする。最も安定した形だからだ。

正5角形を12面合わせた正12面体については、第5元素とする。これについては詳しい記載はない。またこの立体だけ上述した3角形では構成されない。

正12面体については神がこれを用いて絵を描くため、としか書いていない。

マンディアルグ「大理石」

マンディアルグの「大理石」では、主人公が怪物の島で5つの巨大なプラトン立体に遭遇する話がある。枯れ草の一面に生えた広い空間の真ん中には、中に入れるほど大きなヘルマフロディトス像がうつ伏せで眠っており、5つの立体は像を中心とした正5角形を形作っていた。

昼間それを初めて見て度肝を抜かれてから、再び主人公は月夜の晩に像の眠る広原へと出向く。彫像の内部を通って脳天のバルコニーから5つの立体を観た時、それらは透明に光り輝いていた。

ヘルマフロディトス像

製作者は人体の造作はどのようにしたのか。すなわち頭・首・胸・腹・手足など、それらがどのような理由でしかるべき場所に置かれ作られたか。

「大理石」ではヘルマフロディトス像の内部にはまず肛門から入る。そして真っ暗な蜘蛛の巣だらけの腹の中を通り、血まみれの拷問の絵が描かれた胸郭部を通る。

胸には5辺形に配置された25本のパイプオルガンのような気管が、風の音に振動してグレゴリオ聖歌(これは筆者の想像)のような音楽を奏でる。

首を通り抜けて頭部の部屋に入ると、狂気の神々の乱舞の様を描いた壁画が太陽または月光に照らされている。光は頭頂部の孔から射し込むのである。

ヨーガ行者が重要な瞑想で利用するブラフマンの孔のようでもある。頭を飛び出るとそこにバルコニーが冠のように設置され、プラトン立体が観えるのである。

その他まとめ

人体の構成。魂は「髄」に硬く結合される。髄は脳髄から全身に伸び、その上を「骨」が覆う。

骨に肉と骨の中間的物質である「腱」がまとわりつき、「肉」及び「皮膚」がさらに包み込む。

病気の種類。身体の病気と魂の病気について。その対策・原因。

最後にこのあるがままの可視的宇宙への賛美。宇宙は完全・最美・最善・ただ一つで、比べるものなき生ける神である。

スポンサーリンク

-哲学

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.