「 takaの記事 」 一覧

デカルト【方法序説】〜我思うゆえに我在り〜について考える

2017/04/21  

デスク上のiMacの画面には「ブレードランナー2049」が映写されている。金がなくて買えないジョニーウォーカー12年の代わりに、赤の安物が入ったロック・グラスが置かれている。この酒によく合うキャラメル ...

【山岡家】との出会い〜家系・博多・二郎などの遍歴録

2017/04/20  

ラーメン歴 私のラーメン遍歴は学生時代の自宅付近の中華食堂などから始まり、社会人になってからのラーメン二郎までいろいろだった。気に入った店が決まると大抵よそで冒険するよりはもっぱらそこに通う。住む場所 ...

【ツタンカーメンの墓】黄金のマスク〜王のミイラを守り続けた20世紀最大の宝物

2017/04/19  

エジプト文明の魔術 今から3300年以上も昔、エジプトの王ファラオのツタンカーメンが18才で亡くなった。エジプト死者の書の研究で有名なE.A.ウォリス・バッジ博士の本では、英語でTut-Ankh-Am ...

ウィリアム・ブレイク「地獄の箴言」より〜狐とライオンの譬え

2017/04/18  

地獄の箴言とは PROVERBS  OF HELL(地獄の箴言)とはウィリアム・ブレイク(1757−1827、イギリス)の作品「天国と地獄の結婚」の中の4枚のプレートに渡る章で、ソロモンの箴言風の詩が ...

ミレーの【晩鐘】を変形〜シュルレアリスムの画家サルバドール・ダリの絵

2017/04/16  

ミレーの晩鐘 まずはこちらの絵を見ていただきたい。フランスの画家ジャン・フランソワ・ミレー(1814−1875)の名画「晩鐘」である。 ダリの晩鐘 20世紀のスペインの画家サルバドール・ダリ(1904 ...

エドガー・アラン・ポー【モルグ街の殺人】〜史上初の推理小説・レビューとあらすじ

2017/04/15  

推理小説が生まれたとき 1841年、エドガー・アラン・ポーによる記念すべき世界文学史上初の推理小説「モルグ街の殺人」が発表された。モルグ街で起こった残虐かつ奇妙な殺人事件を、オーギュスト・デュパンと「 ...

ボードレール【悪の華】「七人の老爺」は預言者のビジョンか

2017/04/14  

突然の出現 シャルル・ボードレールの不朽の詩集『悪の華』の「七人の老爺」<LES SEPT VIEILLARDS>という散文詩風の作品は、主人公の私(ボードレール)が大都会のパリを、疲れ切った自分の魂 ...

【ワールド・オブ・ウォークラフト】英語学習にもなるアメリカのMMORPG

2017/04/13  

*注意 2018年夏予定の最新アップグレード"Battle of Azeroth"については、ダイレクトX11またはMetalがないと動作しません。 ゲームで英語学習 ワールドオブワークラフト(通称W ...

【マンディアルグ】小説「大理石」に隠されたシュルレアリスティックな秘密

2017/04/12  

題名 アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ(1909−1991)はフランスの作家・詩人。1953年に出版された「大理石」(marbre)を初めて私が読んだのは、二十歳の時1991年のことだった。人文 ...

チベット密教【チベットの死者の書】紹介〜60年代ヒッピー、心理学者ユングにも支持された聖典

2017/04/11  

バルドゥ(中有) 1993年バブルも終焉を迎えた頃、一冊の本が話題となった。「原典訳チベットの死者の書 川崎信定訳」がそれ。内容はチベットで現在も家に備えられ人が死んだ時などに唱えられる経典である。 ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.