「 月別アーカイブ:2018年05月 」 一覧

【ラーメンビリー】「ビリーラーメン」を食べてみた〜二郎インスパイア・宮城県

2018/05/25  

久しぶりにラーメンビリーで二郎系ラーメンを食べて来たのでレビューする。 ラーメンビリー このお店は筆者が東北で二郎インスパイアを探していて発見したラーメン・チェーンである。仙台に数店舗あり結構な人気を ...

シェイクスピア【マクベス】〜あらすじと名言集〜カンタン紹介・感想

2018/05/22  

ウィリアム・シェイクスピアは16世紀〜17世紀に活躍したイギリスの劇作家・詩人。その生涯は「マルドロールの歌」のロートレアモンのように記録が無く、作品の製作時期も不明であり謎に包まれている。 邦訳を以 ...

【「テレビ」とは何か】テレビが嫌いな方へ〜ヨハネ黙示録との関連について

2018/05/22  

歴史 そもそも「テレビ」は原始時代からあるものではなく、20世紀の文明が産んだ発明である。この機械を構成する部品の開発は19世紀から始まっているようだが、実際に「テレビ」として民衆がこれを手にし、テレ ...

【マンク】マシュー・グレゴリー・ルイス〜ゴシック小説紹介・レビュー

2018/05/20  

「目をよく開いて、よく考えて見なさいよ。どうせあなたは地獄へ落ちるのよ。永遠の地獄に落ちることになっている」ー『マンク』第三巻第5章 作品 『マンク』はイギリスの小説家マシュー・グレゴリー・ルイスによ ...

【床屋】「千円カット」の美点・難点、お店選び・注文の仕方などについて

2018/05/16  

床屋とは 床屋とはそもそも江戸時代の理髪店だった「床店」から派生した言葉。よく人が「床屋へ行く」と言うのは頭髪を切り整える店に行くことを指すが、それが江戸時代の言葉だなど思いもよらない。 髪を切る、と ...

【オトラントの城】イギリス・ゴシック小説の祖・ホレース・ウォルポール作〜あらすじ内容紹介・レビュー

2018/05/15  

作品概要 イギリスの貴族ホレース・ウォルポールの「オトラントの城」(1764年)は、城という閉ざされた現実空間に幽霊や超常現象が出没するホラー色の濃い物語。ウィリアム・ベックフォードの「ヴァテック」な ...

【天体観測】肉眼ではじめて見る「木星」

2018/05/15  

木星見ごろ いま太陽系7大惑星のひとつ、木星が天文用語で「衝」を迎えているそうだ。「衝」とは太陽系の軌道上で木星などの地球より外側の惑星(外惑星)が太陽と180°反対側にくることを指す。つまり図形でみ ...

【ラーメンショップ】「ネギみそチャーシューメン・セット」を食べてみた

2018/05/15  

*はじめにこの記事はWEB上の資料・データ的価値のために掲載するものであり、いかなる風評被害を狙ったものではなく、いかなる営業妨害を目的としたものでないことを断言します。(筆者) 店に行った理由 そも ...

【ヴァテック】ウィリアム・ベックフォード著作レビュー〜オリエント奇譚・幻想物語を紹介

2018/05/14  

「オトラントの城」とともに有名なゴシック小説の代表的作品『ヴァテック』の紹介。 ●「オトラントの城」関連記事はこちら→【オトラントの城】イギリス・ゴシック小説の祖・ホレース・ウォルポール作〜内容紹介・ ...

【古書】紙の物体「古本」と宝探し「古書店」

2018/05/13  

漂流物 不思議な運命によって手元へ漂着した本。古書の良いところは格安の値段であるが、その本と自分との不思議な繋がりを感じられる点にもある。ページの最終には何年何月発行、何処どこ出版、などと書かれている ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.