「詩」 一覧

ダンテ【神曲】まとめ(2)〜「地獄篇」第1歌・第2歌・第3歌

2017/06/04  

要約 ウェルギリウスと暗い森で出会ったダンテは、師匠の導きで地獄巡りへ赴く。だが山の頂から急斜面を見下ろして怖気付く素人スノーボーダーのように、やっぱりやめようという気になる。そこでウェルギリウスは彼 ...

ダンテ【神曲】まとめ(1)〜「神曲」全体及び「地獄篇」の序

2017/06/03  

全34回にわたって『神曲』を超簡単・面白くレビューするシリーズの記念すべき1回目! 詩聖ダンテ 詩人ダンテ・アリギエリ(イタリア、1265−1321)が書いた「神曲」の初版が発行されたのは1472年だ ...

ジョン・ミルトン【失楽園】レビュー〜サタンの失墜と人間が楽園に戻るまで(2)

2017/05/25  

残された希望 楽園を追われた最初の男女、アダムとイヴは犯した罪によって呪われた大地へさまよい出る。そして人類が彼らから派生するのだが、以後人間は地獄から自在に登って来るルシファーの陣営に晒されながら生 ...

ジョン・ミルトン【失楽園】レビュー〜サタンの失墜と人間が楽園に戻るまで(1)

2017/05/24  

盲目の詩人 ジョン・ミルトン(イギリス、1608−1674)の叙事詩「失楽園」(Paradise Lost)は、1658年より長い年月をかけて制作された生涯の代表作である。この仕事に着手した時点ですで ...

ウィリアム・ブレイク【天国と地獄の結婚」】「知覚の扉」プレート版画について

2017/05/19  

自ら印刷技術を発明 「天国と地獄の結婚」は全部で27枚のプレートからなる銅版画で挿絵付きの詩というか詩の刻まれた絵というか、ブレイク独特の芸術手法によって印刷された作品である。ブレイクの詩は預言の書と ...

ボードレール【悪の華】「飛翔」〜神々が呑む聖なる酒とは

2017/05/12  

この有名な詩は韻律が絶美であり、ぜひともフランス語原文で読んでみてもらいたい。 ダンディズム 男性的な知性の陶酔がこの詩の醍醐味である。 「真の男性とはセクシュアリテイであると同時に、それ以上の何者か ...

ロートレアモン伯爵【マルドロールの歌】をわかりやすく紹介

2017/04/25  

シュルレアリスム 解剖台の上のミシンと蝙蝠傘の偶然の会合のように美しいー「マルドロールの歌」の中の有名な一句であり、シュルレアリスムの代表的な手法である<デペイズマンdépaysement>なるものを ...

ウィリアム・ブレイク「地獄の箴言」より〜狐とライオンの譬え

2017/04/18  

地獄の箴言とは PROVERBS  OF HELL(地獄の箴言)とはウィリアム・ブレイク(1757−1827、イギリス)の作品「天国と地獄の結婚」の中の4枚のプレートに渡る章で、ソロモンの箴言風の詩が ...

ボードレール【悪の華】「七人の老爺」は預言者のビジョンか

2017/04/14  

突然の出現 シャルル・ボードレールの不朽の詩集『悪の華』の「七人の老爺」<LES SEPT VIEILLARDS>という散文詩風の作品は、主人公の私(ボードレール)が大都会のパリを、疲れ切った自分の魂 ...

【ザ・ドアーズ】伝説のバンドと「ウィリアム・ブレイク」詩との関連

2017/04/10  

「ハートに火をつけて」 冷戦・ベトナム戦争只中の1960年代アメリカ、ジム・モリソン率いる伝説のロックバンド、ザ・ドアーズは結成された。メンバーは心理学を専攻したり映画を学ぶなど、れっきとした毛並みの ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.