「詩」 一覧

ダンテ【神曲】まとめ(19)〜「煉獄篇」第19歌・第20歌・第21歌

2018/03/04  

第19歌〜セイレーン 「怠惰」の煉獄第四圏でダンテは夢を見る。セイレーンという古代の魔女が出てくる。セイレーンは海の怪物で上半身が女の姿、下半身が魚である。その魅惑する歌声で船乗りらを惑わし、難破させ ...

ダンテ【神曲】まとめ(18)〜「煉獄篇」第16歌・第17歌・第18歌

2018/02/26  

第16歌〜怒り 煉獄第三圏で浄化を受けているのは「怒りの罪」だった。 詩の内容によると地獄の闇よりも濃い暗黒がダンテとヴェルギリウスを襲った。師匠に手を引かれながら盲人のようにダンテは進んだ。 濃い煙 ...

ダンテ【神曲】まとめ(17)〜「煉獄篇」第13歌・第14歌・第15歌

2018/02/24  

第一の圏では「高慢」が、第二の圏では「妬み」が罰せられている。これらの「七つの大罪」を浄化しながらダンテらは煉獄の山を登る。 第13歌〜嫉妬 煉獄の第二の環道では嫉妬羨望の罪が罰せられている。すなわち ...

ダンテ【神曲】まとめ(16)〜「煉獄篇」第10歌・第11歌・第12歌

2018/02/23  

第10歌〜岩を背負う もし少しでも後ろを振り向こうものなら、ここ煉獄では最初の門まで戻されてしまう。 決して過ぎてきた道のりへの未練を持つなとの戒めは、ただひたすら上を目指して登ることこそ唯一の救いと ...

ダンテ【神曲】まとめ(15)〜「煉獄篇」第7歌・第8歌・第9歌

2018/02/22  

第7歌〜休息 ヴェルギリウスと同郷の吟遊詩人ソルデルロの話により、煉獄では日が暮れると活動不能となる由が語られる。夜の闇とともに、人々の力は失せるのだ。 過酷な山登りに与えられた安息の時である。それは ...

ダンテ【神曲】まとめ(14)〜「煉獄篇」第4歌・第5歌・第6歌

2018/02/21  

「煉獄」とはキリスト教でいうところの人間の魂がその死後に赴く場所で、地獄と天国の間にある切り立った山。悪人が地獄へ落ち善人が天国へ入るならば、さながら煉獄は神の慈悲によって悪から救われる希望を与えられ ...

ダンテ【神曲】まとめ(13)〜「煉獄篇」第1歌・第2歌・第3歌

2018/02/20  

煉獄の島へ ダンテは尊敬する古代ローマの詩人、ヴェルギリウスの案内で地獄巡りを無事終えた。峻厳苛烈な道のりは乗り越えたのだ。 しかしここからは罪を浄めるための戦いが始まる。「悪」一色だった世界に「善」 ...

ダンテ【神曲】まとめ(12)〜「地獄篇」第31歌・第32歌・第33歌・第34歌

2018/02/14  

今回で「地獄篇」のまとめを終了する。地獄の底だけあり、かなり濃い内容なので付いて来ていただきたい。 第31歌〜巨人 けたたましい角笛が鳴り響いた。音のする方へ頭を向けると何やら巨大な風車のような機械が ...

ダンテ【神曲】まとめ(11)〜「地獄篇」第28歌・第29歌・第30歌

2018/02/13  

次回で「地獄篇」レビューは終了予定。「神曲」は全部で100歌、「天国篇」が33歌・「煉獄篇」が33歌・「地獄篇」は34歌である。 各回3歌ずつまとめてきたが最初の記事を「地獄篇」の「序」にしてしまった ...

ダンテ【神曲】まとめ(10)〜「地獄篇」第25歌・第26歌・第27歌

2018/02/10  

「地獄篇」は序を含めて全部で34歌ある。各回3歌ずつまとめて行くと、あと2回で「地獄篇」レビューは終了予定。地獄の第8の谷は十の悪の濠(マレボルジェ)に分かたれている。 第25歌〜変容(transmu ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.