哲学

デカルト【精神指導の規則】未完成の隠れた名著を紹介

投稿日:

概要

この書物は17世紀フランスの哲学者ルネ・デカルトの死後に刊行された。未完成ながらも遺稿として保管されたもののうち、最重要な本のひとつとされていた。

内容も簡単なようで秘教的、隠れた名著として古来から多くの人に読まれた実に魅力のある書物だ。

私がデカルトに回帰し再びハマっているのには理由がある。今年の冬に三島由紀夫にどっぷり浸かっていたが、「豊穣の海」により見事に破綻した氏の筋肉論理にげんなりしたせいもある。

氏の常に凝り固まった嗜好や結局証明できずに終わった強引な主張に接し過ぎたせいで、私としてもいささか戸惑わざるを得なかったからだ。

特に第3巻で延々と展開される輪廻転生説にせよ、借り物の仏教知識の寄せ集めにせよ、氏がそれらをいささかなりとも理解していたとは全く思われない。

そして「天人五衰」で自らも衰退していく文体と気力、続く割腹自殺。憐れすぎて見ておれない程だ。

規則

「精神指導の規則」には人が対象(物体・非物体)をいかに思惟し考え、かつ事物に対し判断をすべきかが明快に規定されている。

例えば規則第九、「精神の全ての力を極めて些細な容易な事物に向けるべきである。そして我等が真理を判明に明瞭に直観するに慣れるまで、長くそこに止まるべきである。」と書かれている。

また規則第三、「示されたる対象について、他人の考えたところあるいは我々自ら憶測するところを求むべきではなく、我々が明晰かつ明白に直観しまたは確実に演繹し得ることを、求むべきである。何となれば他の道によっては、知識は獲得されないからでる。」

以下、全て明白、確実、真といったキーワードを含む方法が記される。覚えておくと有益な素晴らしい規則ばかり。これらの規則を厳守すれば人は誤ることがなく、真理に到達するであろう。

確実性

とはいえ何も難しい内容ではなく、当たり前のことが書かれている。だがデカルトが言うように、対象が明晰なほど人は見逃しているものである。

私はデカルトを読んでまず数えられるいくつかの間違いのない事実を認識することができた。それを今から枚挙するが、読者はやっぱり「アホかそんなこと。当たり前で誰でも知ってる自明のことじゃないか」と思われるだろう。

認識

昼と夜がある。これは交互に訪れるが昼は空にある太陽と呼ばれるものの発する光が原因である。これに対するに夜とは太陽が隠れることで光が消え、暗くなる状態である。

夜は物体に色がない。これから演繹されるのは物体は光が当てられた何かだということ。

もうひとつ、昼の空に太陽があり、夜の空に月があり、さらに小さく見える星という光るものがある。これらは光を発し、位置を変える。

これら大きな2つのものは空を円弧状に移動している。その運動は計算されているようであり、完全なくらいに甚だ規則的である。数学は事物に秩序を与えるからだ。

「地球は自転し、太陽の周りを公転しており、その運動が時を作っているのだ」と学校で教えられた。しかし学校は学生が資本主義社会に出て就職し、収入を得させるための教育をした。

それらの知識を生徒に詰め込み、試験において吐き出すことを要求した。じっくり考えることもせずに我等は試験の日に間に合わせるために、それらの知識を覚え込んだのだ。

ゆえに私は果たして地球が不動で太陽と月が動いてるのか、地球が太陽の周りを動いているのかはわからないのだ。

明晰

だが動いていることは確かだ。人が車で走っていると景色が変わる。遠くにあった電柱は次第に近づき、後ろへと去って行くのは電柱が動いているのではなく車が動いているから。

それと同じように太陽と月は見る時間によって場所が変わっており、回転しているように見えるからだ。

デカルトの規則に従うと私が進むことができるのはここまでだ。容易な確実な事物に止まれ、と書かれているではないか。

本では目が多くのものを一度に見ようとすると、人は何物をも判明に捉え得ないが、ひとつの物に注意を集中させるならば、それがはっきりと見えるという簡単な喩えを挙げている。

確信

「精神指導の規則」は意外と価格が高い。絶版なのだろうか。筆者は旧仮名遣いの古い訳書を安くゲットして大事に読んでいる。

デカルトによれば人間の悟性(理性。ヌースと呼んでも良いだろうか)なるものが、明晰判明に覚知(認識。グノーシス)したものだけが真の知識なのである。

しかし学校や大学などで教えられたり、感覚や経験で得た知識もある。デカルトはそれらも最大限に利用して良いと言っている。なぜなら歴史が始まって以来発見された事実が利用されなければ、先人たちの努力が無意味になるからである。

確かに地球が動くと学校で教えられた。だが私がそれを認識できているのではない以上、それが本当に真なのかどうかは未だわからない。同じようにダーウィンの進化論なども100%確信をもって同意はできない。

であるから私が進むべきは学校で教わった複雑な知識へと向かう代わりに、この巨大で明白すぎる事実すなわち太陽と月、昼と夜、光と闇の考察を続けることなのである。

精神指導の規則 (岩波文庫 青 613-4)

スポンサーリンク

-哲学

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.