哲学

【ヘルメス文書】ヘルメス・トリスメギストスの著作とされる謎の文書とは

更新日:

経緯

ヘルメス・トリスメギストスは同一であるローマ神話でのメルクリウス、ギリシャ神話のヘルメスとエジプトの神トートが合体した神である。ヘルメス・トート神とも呼ばれ、トート神は神々の書記官として知られる。両者が合体した背景としてマケドニアのアレクザンダー大王の東方遠征が挙げられる。大王の領土拡大がオリエントとエジプト文明の融合をもたらしヘレニズム文化を生んだ。そしてそれは思想の融合をも生み、ギリシャ・ヘブライの宗教哲学と魔術的象形文字に代表されるエジプトの学問と合体し、ヘルメス文書を生んだ。

具体的にはいつ、誰が実際に記したのかもわからないこれらの文書は、ヘレニズムの都市アレクサンドリアの図書館にパピルスの巻物によって保管されていた。建物が争いによって破壊されどのような経緯を経て現在訳書を読むことができるのか、詳しくはわからない。とにかく、私は邦訳を読んだ。厳密にはヘルメス文書の「ヘルメス選集」の名で呼ばれている部分を読んだ。神保町の古書店で見つけて、なぜそれを手に取ったのかは覚えていない。文書は断片的で解読不能部分もありつなぎ合わせであるが、読むことは可能である。

文書の内容

さて内容についてであるが、上述したようにヘブライ文明の旧約・新約聖書の信仰とギリシャにおける主にプラトンやアリストテレス哲学、およびエジプト文明のヒエログリフ(象形文字)が融合した知識・文体である。ご想像のように訳が分からない文章だらけであり、「マルドロールの歌」のようでもあるかもしれない。

知者ヘルメスが読者または息子タトに教えるという形などをとっており、問いかけるように語られるのはプラトンの本の影響と思われる。

教えと秘儀

私はなぜグノーシス主義とヘルメス主義とが異なるのか理解できない。なぜならグノーシスとはギリシャ語で認識を示す言葉であるから、ヘルメス文書は間違いなくグノーシス派の文書なのである。認識という言葉が示すように、ヘルメス文書においては存在するもののあるがままの知覚を促すだけであって、何か目新しい知識を説いたりするわけではない。ヘルメス・トリスメギストスによって調合・精製されると旧約・新約聖書も、ギリシャ哲学もエジプトのヒエログリフィックな魔術によって暗号化される。意味が読めない人には厳しいが聞くことができる者のみ聞け、というわけである。

大いなる神秘の鍵: エノク、アブラハム、ヘルメス・トリスメギストス、ソロモンによる

スポンサーリンク

-哲学

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.