小説

【エドガー・アラン・ポー】全集〜「告げ口心臓」のふたつの恐怖

更新日:

告白という形

The Tell-Tale Heart「告げ口心臓」はエドガー・アラン・ポーお得意の短編スリラーである。この小説が優れているのは、文字による告白という形だけで人間の極限の狂気を表現しているところである。スプラッター映画のようにCGやメイク、音楽・サウンド、叫び声による音響効果のどれも作家は必要としない。

「神経がね、恐ろしく立っていたんですよ。今だって立ってますがね!あんたらは私を気狂いだって言ってるが、そうじゃない。私はこの上なく正気なんですよ。」

こんな感じの書き出しで始まるのはおそらく、警察の取り調べを受けていてのことであろう。話し手は告白する、すなわち「爺さん」を殺したことを。そして詳しい設定はないが二人は同居しているようであり、毎晩話し手である「私」は真夜中に爺さんの部屋に侵入する。悟られないようにこっそりと、部屋の扉を開けて龕灯の明かりを一条、爺さんの閉じたまぶたに照射するのだった。なぜそんなことをするかという動機は「爺さんの大凶の眼が憎かったからでさぁ」と取り調べでも答えている。爺さんが憎いのでもなんでもない、というのである。

第一の恐怖

第一に恐ろしいのは真夜中の犯罪者の動きと、その思考である。一時間かけて暗闇で扉を開け、首を静かに部屋内に差し入れるのだが、その様は目には見えない悪魔と同化したかのようだ。「時計の分針よりもゆっくり」だそうである。

この行いを7日7晩繰り返して、8日目の晩に犯罪者はあまりの楽しさにクスッと笑ってしまう。その物音で爺さんは眼を醒ます。爺さんの恐怖はいかばかりか、無知の羊のように真っ暗闇を見据えて必死に気のせいだと思い込もうとする。犯罪者は暗闇の中身じろぎもしない。まる1時間もそのままの状態で爺さんは楽観視を続けようとするが、すでに死神の手はそこまで迫っていた。

第二の恐怖

第2の恐怖は爺さんを殺してバラバラにし床板の下に埋めたあと、家に警官がやってくるところだ。快活に彼らの相手をしわざと死体の上に椅子を置きそこに座る。気付かれるわけないと思うとますます嬉しくなってきて警官たちに腰をおろして休むように勧めた。だがしかし彼らの白々しい笑いに今度は腹が立ってきた。こいつらは自分の犯した犯罪と苦しみを知っていて、知らないふりをしているんだろうと思った。そうするうち死体から心臓の音が鳴りだして、犯罪者は突然怒号をあげて罪を告白した。

テレビの音

私はテレビの感覚を促す強制的な音があまり好きでなくて、特に見苦しい番組を放送している場合テレビの前に3分もいられない。それでも大分耐性がついたし今はネットという選択肢があって非常に良い時代だと思う。だが20代の頃住んでいた高円寺の風呂なしアパートは、東と西に土塗りの壁があるのだが片方がものすごく薄くて音が筒抜けだった。また1階だったのだが2階の音が凄まじく耳栓しないと寝れないこともあった。

そんな環境で私はプラトンなどを読んでいたのだが、テレビの音が聞こえてくるとものすごく愚劣に聞こえたし、また貧乏な自分を嘲笑っているようだった。「告げ口心臓」を読むとその頃の自分を思い出す。薄い壁越しにテレビがこの世から消えることを念じ、ブチ切れた時はなりふり構わず獣のように吼えた。誠に高円寺という街は変なヤツが住むところである。

◯こちらもどうぞ→【エドガー・アラン・ポー短編作品】オリジナル・レビューまとめ

スポンサーリンク

-小説

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.