小説

谷崎潤一郎【神童】短編小説紹介〜堕落する天才児が最後に見出したもの

投稿日:

中公文庫”潤一郎ラビリンス”シリーズⅢに収められている「神童」という短編を紹介。

潤一郎ラビリンス

このシリーズは谷崎潤一郎の中短編小説をまとめたもので、あまりにも面白いので全16巻を奮発して買ってしまった(笑)。

しかし谷崎といえども5回に1回ほどの割合で新聞連載ものみたいな通俗小説が入っているのはちょっとキビしい。けれども「お艷殺し」「盲目物語」などでその絶妙な語りの虜となっては、もう病みつきになってしまう。

谷崎の小説は妖しく悪魔的な審美主義など言われるが、最も私を捉えたのは悪ふざけとも取れる馬鹿話、笑い話の趣である。

漫画や2ちゃんねる以外で声を出して笑える小説なんて、今まで読んだことがない。この面白さは一体どこから来るのか、江戸落語だろうかなどと思ってもみたが違うようである。

神童

「神童」もまた笑えると同時にピリっとした悪魔的小説であるから、一言二言感想を述べてみたくなった次第だ。

神童(Sindou)の神はGODではなくSIN(罪)ではないか。まあ洒落だけれども、あらすじとして一人のどこの田舎にも都会にもいるような天才児・春之助が主人公。

小学校低学年から同級生を寄せ付けないズバ抜けた成績を発揮する。親は貧しい勤め人なので春之助を奉公に行かせたい。だが彼は将来聖人となって人類を導くのだという大きな野心がある。

奉公行きを拒否し勝手に中学の入学試験を受け、当然合格する。親と学校と春之助の斥候が繰り広げられていたが、父親の仕事先の旦那に対し校長から相談が持ち上がる。

彼を成績のあまりよくない二人の息子・娘の家庭教師にするとともに、中学の学費を面倒見てくれないかという話だった。

裕福な家主は快く受け入れ、春之助はその家に住み込みの身となる。

食欲

さて望みはかなったが子供っぽい心細さで毎日のように学校帰りに道草を食い、家恋しさに実家に立ち寄る。

母親に甘えておやつを食べて、わざと夕方遅く別邸の家に帰る。それが習慣となって実家に寄らない日は午後に腹が減るようになった。

菓子を買うために図書館へ行く運賃を使い込み、夜も腹を空かせるようなり家を抜け出して露天に買い食いに行ったりしていた。

台所で家のおかずを盗み食いしたりと、この天才をまず「食欲」が犯し始める。食い物のことで頭がいっぱいだった。

サディズム

家庭教師によって成績がアップした娘と対照的に、息子は馬鹿かと思われるほど勉強はできなかった。

元来生意気な姉は親たちと一緒になって、春之助にもっと厳しく教えてやれとけしかける。

最初は言われるがままにそうしていたものの、やがてこの頭の悪い息子をいじめるのがたまらない快感になってきて、殴ったりするようになった。

性欲

別邸の家は若く美しい女中が何人もいるだけでなく、娘やうら若い熟女の夫人などにも囲まれていた。旦那も女たちも、やって来る客も身なりが意気で江戸っぽく垢抜けていた。

食事も凝っていて今まで食べたこともない美味いものばかり食った。春之助は次第に実家の恋しさなんぞも忘れて、かえってかれらの惨めな生活を憐れむようになった。

頭がいいので夫人の内緒のお使いを頼まれるようになり、今でいうキャバクラみたいな遊郭へ出入りもした。

そこには芸者はもちろん、半玉と呼ばれる少女らもいた。彼女たちの艶やかな着物や化粧に神童は目と心を奪われていった。

毎日オナニーを欠かさず、昼間から便所に30分こもることもあった。特に遊郭で芸者を見た日は狂ったように欲情した。

「食欲」と「性欲」は春之助を虜にし、難しい学問書はさっぱり頭に入らなくなっていた。それでも授業は相変わらず首席だった。

同時に周囲の華やかな生活に取り巻かれるうち、「美」への意識が目覚め始めた。手鏡をこっそり手に入れて自分の顔をじっと眺めたり、ダサくてみすぼらしい自分の着物のことを激しく気にしだした。

顔は勉強ばかりしていたため青白く頰がこけ、頭の悪い屋敷の息子以上に醜かった。体力もなく、遅ればせながら今まで欠席していた器械体操の授業も受けたが、教師に「お前は片端か」と嘲笑われた。

そればかりか「羅生門」に出て来る書生の右の頰にできたような、毒々しいニキビが顔中に吹き出した。それを爪で押すと3日目には白い膿が皮を突き破って飛び出し、その傷跡はいっそう醜かった。

神童と呼ばれた少年は学問のくだらなさを実感し、役者や芸者や幇間などの遊び人こそが、よっぽど自分より優れていると思い始めた。

なんの楽しみもなく、醜く、体も弱い自らを蔑み、春之助は哲学書を閉じ、もはや二度とそれを開かなくなった。

詩と芸術の本がそれに代わった。「」への意志が、哲学から至高のものへと切り替わったのであった。

まとめ

余談だが筆者も実は神童・天才児と呼ばれていた。それは中学までである。

高校は勉強する気が無かった。いくら勉強ができて成績がよくっても幸せにはなれない、と気付いていたから。

中学ではキンタマに陰毛が生えていないからとて馬鹿にされ、弱々しい体のため喧嘩にも勝てなかった。

それで勉強ができたとて何になろう、と自棄になり高校では落第しそうなほどだった。

今思えばせめて大学を出てから考えを改めればよかったのだが、方向転換をするのが早すぎた(笑)。

スポンサーリンク

-小説

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.