小説

三島由紀夫【肉体の学校】を紹介〜あらすじと感想

更新日:

映画

この「肉体の学校」またはフランス映画にもなった題名からすると「肉の学校」は、三島由紀夫の長編でありながらとても読みやすい軽いテンポの作品である。どちらかというと喜劇的で笑える場面が多いように感じる。タイトルと作者の名前から毒々しいエロティック文学を想像しがちだが、全然そういう話ではない。むしろ昭和風の洒落た映画でも観ているようで、現代の良い演技をする若くて渋い俳優さんたちに演じてもらいたいくらいである。また全体的にフランス文学っぽい雰囲気が漂い、とはいえ繊細で傷つきやすい恋愛物といった風情でもない。とにかく楽しめてお洒落で、暇な時間を潰すのに最適の小説である。

概要

「年増園」と名付けられた女盛りで金も地位もある3人組の会合では、いつも男漁りの話題に没頭している。アメリカ映画のセックス・アンド・ザ・シティの気取った女性たちのように。ある時妙子はゲイ・バーの超美男のバーテンにぞっこんする。金でその男を買うことはできたが、あえて自然な手順を踏んで店の外へ連れ出した。ダーティーで自由奔放なしかし惚れ惚れさせる色男の名前は千吉といった。セックスはお手の物で男とも女とも寝る。私は読んでいて北村一輝の顔をずっと当てはめていた。千吉はまさに妖しくつかみどころがない、ゲイ・バーの地獄の汚れにどっぷり浸かった美青年だった。

同棲

妙子はますます千吉の体にのめり込んでいくにつれ、ゲイ・バーから掬い上げて自分だけのものにしたいと思った。そして最終的に同棲した。それでも千吉はヒモのような存在で、妙子は自分が傷つかないように同棲生活にもルールを与える必要があった。つまりお互いを縛らないというルールである。そんな中妙子はお互いの浮気相手を紹介しあおうという提案をする。妙子の相手の有名政治家の手配で高級割烹で4人が会った時、千吉はイブ・サンローランの展覧会で出会った若い女を連れてきていた。彼はまともな身分にのし上がるため、この某社長令嬢との結婚の話まで進めていたのだった。

写真

千吉は最後には男色の行為中の写真を手に入れた妙子に泣きを入れることになるのだが、その時女の愛が結局冷めてしまう。惨めに頭を下げる千吉を見た時、ミステリアスな風来坊だった美青年への憧れや魅力がなくなってしまった。妙子は写真をガスコンロで全て千吉に焼却させ、どうぞ相手の娘の元へ行くよう、そしてここには二度と戻ってこないように言い渡すのだった。

卒業

小説の舞台は昔の二子玉から歌舞伎町、池袋、熱海など色々変わり、場所もレストランやバー、今でいうラブホ、料亭などまず飽きさせない。最後に「年増園」は今は無き向ケ丘遊園地へ遊びに出かける。ウォーター・スライダーであろうか、ボートで池に急斜面を滑り落ちる昭和のアトラクションで小説は幕を閉じる。実に爽快な読後感がある。作品が書かれた1960年代頃の日本の文化を知る上でも非常に役に立つ。難解でシリアスな文体で知られる三島由紀夫だが、いったいどうやったらこんな面白い話が書けるのだろうか。

◯三島由紀夫まとめ記事→【三島由紀夫】作品レビューまとめ・2018年2月版

スポンサーリンク

-小説

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.