小説

エドガー・アラン・ポー【モルグ街の殺人】〜史上初の推理小説・レビューとあらすじ

更新日:

推理小説が生まれたとき

1841年、エドガー・アラン・ポーによる記念すべき世界文学史上初の推理小説「モルグ街の殺人」が発表された。モルグ街で起こった残虐かつ奇妙な殺人事件を、オーギュスト・デュパンと「僕」の二人組みが謎を解いて解決する話である。

さながらシャーロック・ホームズとワトソン君の二人組みに似てはいるけれども、その原型がここにあるのだと思ってもらいたい。デュパン・シリーズは続編として「マリー・ロジェの謎」「盗まれた手紙」があるけれども、そちらはどちらかというと収入のために書かれたという感じはある。エドガー・アラン・ポーとはいえ何分にも生活が楽ではなかったため、お金のために原稿を書く必要性があったのは仕方ない。

◯続編はこちら→【エドガー・アラン・ポー】「マリー・ロジェの謎」「盗まれた手紙」〜「モルグ街の殺人」の続編紹介

謎を解くまで

さてパリ警察が手をこまねいて行き詰っている難事件をデュパンは見事に解決する。

二人はまず各新聞の報道記事を集めて読み漁ることで情報を収集し、その後実際に事件現場の検証へと赴く。現場立ち入り許可は警視総監からもらっていたのである。そこで警察が見落としていた裏の事実を発見し、果敢な推理を推し進め謎を解くというストーリーだ。

ネタバレあらすじ

種明かしをしてしまうと、あるフランス人船乗りの男がインド諸島へ航海したとき、ボルネオ島でオラン・ウータンを生け捕りにした。オラン・ウータンはケガをしていたから、それが治るまでパリの彼の自宅に閉じ込めて隠しておくことにした。後でオラン・ウータンを高額で売るつもりだったのである。

ところがある日船乗りが家に帰ってくるとオラン・ウータンは檻代わりにしていた小部屋から抜け出して、鏡の前に立ってカミソリで顔の毛を剃る主人の真似をしていたのだった。それを見た船乗りの男は真っ青になり、言うことを聞かせるため鞭を手にした。ところが鞭を見るや否やオラン・ウータンはたまたま開いていた窓から家の外部に逃げ出してしまった。

長い追いかけっこの末脱走したオラン・ウータンは、とあるアパルトメントの4階へ侵入することになる。この敏捷な獣は鉄柱をよじ登り、回転する鎧戸を伝って部屋の窓に飛び移ったのだった。手にしたカミソリで室内で身の毛もよだつ惨劇を繰り広げ、再び窓から逃走するまでがあっという間の出来事であった。

推理の思考の導き方

デュパンの推理の方法はルネ・デカルトの思想の導き方にもあるように、確実なものから確実なものへと思考の演繹を結びつけて行くことで、最後に真実にいたるという至ってシンプルなものであった。その過程のなかで見せかけの真実なるものが「君は間違っている。もと来た道を引き返せ」と言ってきたとしても、確信を持って進まなければならない。たとえ本当の真実がいかに突拍子もない奇想天外なものだとしてもである。

⚫エドガー・ポー関連記事はこちら→【エドガー・アラン・ポー】作風がわかる「落とし穴と振り子」〜ソリッド・シチュエーション・ホラー的短編作品

スポンサーリンク

-小説

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.